続・吾輩はヲタである

JR券をメインとしたきっぷのブログ。そろそろ15周年。

鎌倉・江ノ島パス英語版

 7年前に「鎌倉・江ノ島フリーきっぷ」から「鎌倉・江ノ島パス」に改悪されてめっきり使うことがなくなりました。今の「鎌倉・江ノ島パス」はエリア内でしか発売しないのが痛いです。

 私は9年前まで鎌倉市民でした。最近の鎌倉江ノ島界隈はいつ行っても観光客で混み合っています。混んでいたのは私が鎌倉に住んでいた頃から変わらないんですが、当時と大きく違うのは外国人観光客が激増し年中混んでいることです。観光客が若干少ない閑散期がいちおう存在したんですが、それがなくなった感じです。

 そんな増加の一途にある外国人観光客に向けてなのか、知らぬ間に「鎌倉・江ノ島パス」の英語版が発売されていました。

f:id:imadegawa075:20181222001845j:plain

 見事に英語です。幸い、路線図が複雑でないため、駅名も英語表記にできていますが、「詳細はガイドを見てね」と書いてあります。

 私はこの時、鎌倉駅の窓口で購入しました。大船駅と鎌倉駅で確認した時には「指定席券売機」には英語版の口座がありませんでした。なので、みどりの窓口のみの発売だったと思われます。ただ、平成30年5月末で発売エリア内の北鎌倉駅のみどりの窓口が閉鎖になり「指定席券売機」が設置されたので、「指定席券売機」でも発売するようになったかもしれません。

【補足:2020/4/3】

 「鎌倉・江ノ島パス」は2020(令和2)年3月末で発売終了しましたのでカテゴリーを追加しています。


 今年の記事はこれで終わりです。

 再開して2ヶ月が経ちました。だいぶ「はてなブログ」の使い方にも慣れてきて、特にスマホはTypePadの頃より劇的に見やすくなっていると思います。ただ、1年ちょっとサボるとアクセス数の回復はなかなか難しいものがあります。休止前は1日約1500アクセスありましたが、まだ400程度で完全復活まではまだまだな感です。

 当分は一定のペースで更新していけそうですので、また来年もよろしくお願いします。