続・吾輩はヲタである

JR券をメインとしたきっぷのブログ。そろそろ15周年。

こうのとり指定席きっぷ

 「こうのとり指定席きっぷ」は大阪市内・尼崎と福知山・八鹿・豊岡・城崎温泉間に設定されているe5489限定の片道きっぷです。乗車券と指定席の特急券がセットになっていて、2名以上からの利用になります。2名以上縛りは以前からですが、e5489のみでの発売も最近のJR西日本のトクトクきっぷのトレンドなのかもしれません。

f:id:imadegawa075:20191124161152j:plain

こうのとり14号:山陰線・豊岡駅 2016/2/6

 きっぷの名称に「こうのとり」とあるので「こうのとり」限定で播但線経由の「はまかぜ」は利用できませんが、福知山駅で改札内乗継をする場合の「きのさき」は利用できます。

 消費税が10%になった現在の価格で比較してみます。正規の特急料金は通常期のものです。

設定区間 こうのとり
指定席きっぷ
正規運賃
+特急料金
 割引率 
大人 小児
大阪市内  福知山  3,360円  1,000円  3,930円  14.5%
八鹿 3,870円 4,930円 21.5%
豊岡 4,280円 5,370円 20.3%
城崎温泉  4,580円 5,700円 19.6%
尼崎  福知山  3,360円  3,930円  14.5%
八鹿 3,820円 4,590円 16.8%
豊岡 4,230円 5,370円 21.2%
城崎温泉  4,530円 5,370円 15.6%

 小児は全区間1,000円均一です。大人の割引率は10%台半ば~20%台前半です。2名以上でネット予約のみで前日まで発売で購入後の変更が不可という様々な縛りがある中で、この割引率だったら正直渋いと思います。

f:id:imadegawa075:20191027093130j:plain

f:id:imadegawa075:20191027093300j:plain

 利用してきた「こうのとり指定席きっぷ」の現物です。企画券本体に指のみ券が付くそれほど目新しいものではありません。

【ひとこと】

 割引率は大したことないですが、小児用が全区間1,000円と格安なので、子供がいる家族連れにはいいかもしれません。私は大人2名で使用したので、縛りのキツさと割引率の低さのバランスが悪く、あまりメリットがなかったなという印象が強いです。4割ぐらい安ければまた違ったんでしょうが。

使い勝手:★★☆☆☆

お得感:★★☆☆☆

当日発売:なし(前日まで)

小児用:あり(全区間一律1,000円)

【補足:2020/9/16】

 「こうのとり指定席きっぷ」は2020年3月末で発売終了し、代わりに14日前まで購入で2名縛りのない「こうのとりスーパー早特きっぷ」が発売されています。