続・吾輩はヲタである

JR券をメインとしたきっぷのブログ。そろそろ15周年。

サツイン

 寝台特急「サンライズ瀬戸・出雲」のB寝台には1人用個室のシングルとソロ、1人でも2人でも利用できる個室のシングルツイン、2人用個室のサンライズツインの4種類あります。1編成(7両編成)あたりの部屋数はシングルが80室、ソロが20室、シングルツインが8室にサンライズツインが4室となっています。

f:id:imadegawa075:20200411012528j:plain

サンライズ出雲号:山陰線・米子駅 2018/9/9

 特徴的なのはそれぞれできっぷに印字される列車名が異なることです。一通り手持ちがあったので一気に挙げてみます。全部「サンライズ瀬戸」なのは偶然です。

f:id:imadegawa075:20200402235301j:plain

シングル(サンライズ〇〇シングル)

f:id:imadegawa075:20200402235328j:plain

ソロ(サンライズ〇〇ソロ)

f:id:imadegawa075:20200402235356j:plain

シングルツイン(サンライズ〇〇)

f:id:imadegawa075:20200402235422j:plain

サンライズツイン(サンライズ〇〇サツイン)

 見ての通り全部バラバラです。列車名の後に設備名が付いています。4文字しか入らないようでサンライズツインは「サツイン」と派手に略されています。2人用個室のツインはかつて寝台特急「トワイライトエクスプレス」にも設定されていました。サンライズとは寝台料金が異なったため、「トワイライトエクスプレス」と区別すべく「サンライズツイン」と称していると思われます。

 マルスで空席照会する際にも列車名を区別して照会しないとエラーで返されます。今ではだいぶ減りましたが、そのことを知らずにエラーで返されて「満席です」と答える係員もいたぐらいです。

 ちなみにA寝台1人用個室のシングルデラックスと普通車指定席のノビノビ座席は普通に「サンライズ〇〇」で登録されています。