続・吾輩はヲタである

JR券をメインとしたきっぷのブログ。今年で15周年を迎えました。

遊佐

 羽越線・遊佐(ゆざ)駅は山形県遊佐町にあります。所在地は山形県ですが、遊佐駅を含む酒田以北の羽越線はJR東日本秋田支社の管轄になります。ちなみに羽越線・鼠ヶ関~酒田間は新潟支社で、内陸の置賜・最上地方は仙台支社の管轄になり、山形県内には3つの支社の管轄が入り乱れています。

f:id:imadegawa075:20200408114742j:plain

遊佐駅 2019/10/19

 遊佐駅は「ゆざっとプラザ」という複合施設に入っています。観光協会や商工会、みやげ物店に軽食が食べられるレストランが入居しています。晴れていれば鳥海山が見えるそうですが、私が訪ねたときは大雨で何も見えませんでした...。

f:id:imadegawa075:20200408014815j:plain

遊佐駅窓口 2019/10/19

f:id:imadegawa075:20200408014952j:plain

 駅業務は遊佐鳥海観光協会に委託されています。両者の窓口は隣接していて裏で繋がっています。窓口端末はPOS端末が導入されています。せっかく来たので、POS券と料補で特急券でも買おうかと思い立ちました。料補はしばらく待たされるので、横でコーヒーでも飲んで待ってようかと思いました。

f:id:imadegawa075:20200408015111j:plain

 ところが予想外にすぐに端末券が出てきました。なんと「ビジネスえきねっと」が導入されていました。秋田支社管轄のため「秋田法人」という発売箇所表記になります。

 POS端末で発券できる乗車券や自由席特急券などはPOSで発券して、指定券類は「ビジネスえきねっと」で発券しているようです。こういう感じでPOS端末と「ビジネスえきねっと」とを使い分けをしている駅は他に羽越線・仁賀保駅が挙げられます。いずれにしろ簡易委託駅の運営形態としてはかなり珍しい部類です。

 私が訪ねた当時は「ビジネスえきねっと」が導入されたばかりで、料補もまだあるとのことでしたが、半年以上経っていますのでもう返納したかもしれません。