続・吾輩はヲタである

JR券をメインとしたきっぷのブログ。そろそろ15周年。

南予・松山10枚回数券

 「南予・松山10枚回数券」は松山~南予地区までの乗車券+自由席特急券が10枚セットになった回数券です。伊予大洲発着を除き、5回分の「指定席引換券」が付いてきますので、10回のうち5回は指定席も利用できます。有効期間は3ヶ月です。

 価格は以下のとおりになっています。

区間 南予・松山1回分 正規運賃・料金  割引率 
松山  伊予大洲 1,150円 1,500円 30.0%
八幡浜  1,680円 2,500円 32.8%
卯之町  1,730円 2,670円 35.2%
伊予吉田 1,730円 2,860円 39.5%
宇和島  1,780円 3,030円 41.3%

 いずれも100Kmに満たない区間ですが、割引率が30~40%超と非常に高いです。

 特急「宇和海」は松山~宇和島間を1日33本(16.5往復)運転されていて、日中はほぼ毎時1本走っています。片や、宇和島自動車の高速バスもほぼ同数の1日16往復運転されています。

f:id:imadegawa075:20201001222120j:plain

宇和海20号:宇和島駅 2018/6/2

f:id:imadegawa075:20200930234803j:plain

宇和島自動車の高速バス:松山市内にて 2019/4/29

 高速バスの片道正規運賃と往復割引運賃は以下の通りとなっています。この他に6枚回数券というものもあるようですが、こちらは割愛しました。また、八幡浜には高速バスは経由しないためJRの独壇場となります(いちおう伊予鉄バスの路線バスがありますが、本数も少なく時間もかかるためJRとは勝負になりません)。 

区間 片道正規運賃 往復割引運賃
道後~松山  大洲駅前 1,250円 2,150円
卯之町  1,800円 3,050円
吉田 1,950円 3,250円
宇和島  2,200円 3,750円

 こうして比較してみると、「南予・松山10枚回数券」は高速バスの片道正規運賃に対抗した価格に設定していることが推測できます。

 松山~宇和島間の所要時間は「宇和海」が1時間20~30分なのに対し、高速バスは1時間45分~2時間10分で「宇和海」の方が優位です。しかし、高速バスは道後・松山市駅・一番町三越前(≒大街道)といった停留所があり、松山市中心部への利便性は高いです。

f:id:imadegawa075:20200930234157j:plain

 10枚使うアテはなかったので、松山市内の金券ショップで1枚買って使用してきました。割引率が高い割に需要は限られるせいか金券ショップでの販売価格は強気で、2,000円を超えていました。

 四国では高速道路網の整備が比較的早く進んだため、JR四国は高速バスと激しい競争を強いられています。四国の都市間輸送の中で松山~宇和島間はJRが高速バスに対し優位に立っている数少ない区間であるため、高速バスに対してガチンコ勝負を挑むようなきっぷを発売しているんだと思います。