続・吾輩はヲタである

JR券をメインとしたきっぷのブログ。今年で15周年を迎えました。

合わせ技

エクスプレス早特+グリーン特典

 首都圏~名古屋・京都・新大阪・新神戸間の「ひかり」全列車と6時台発「のぞみ」に適用された「エクスプレス早特」とエクスプレス予約会員特典のグリーン特典を組み合わせたものです。あまり知られていませんが併用することができます。言わば合わせ技を試してみました。

F0368

 きっぷの上に「エクスプレス早特(G特典)」と印字され、内訳のグリーン料金部分が0円になっています。これに京都市内→横浜市内の無割引乗車券代7670円を加算した額11160円が発売額でした。ちなみに京都~新横浜のグリーン車用の「エクスプレス早特」の発売額は13160円でした。

 この場合は「のぞみ」利用できる1000ポイントを使って、2000円だけ安く利用したことになります。1000ポイントは以前やったように使うと7440円相当に利用できます。今回の使い方が損か得かは言うまでもないと思います。

 山陽新幹線へのEX-ICカード導入に伴って、「エクスプレス早特」は8月28日予約分で発売終了し、「IC早特」に衣替えとなりました。それを知って損を承知で「エクスプレス早特」+グリーン特典のきっぷがどうなるか試してみた次第です。

 「エクスプレス早特」は前もってきっぷに引き換えておけば誰でも利用できましたが、「IC早特」はEX-ICカードを本人が持参して乗るという前提からカード名義人本人以外の利用ができません。さらに特定都区市内制度からも除外され、新幹線乗車駅までと新幹線下車駅からの運賃が必要となります。「IC早特」と「エクスプレス早特」の値段は変わっていないので、既存区間については私は改悪だと思っています。

 一方で「IC早特」には東京~岡山・広島・博多や名古屋~新山口・博多など、これまでの「エクスプレス早特」には設定されていなかった区間が追加されました。東海道~山陽にまたがる区間が増えて航空便を意識したと思われる設定になっています。