続・吾輩はヲタである

JR券をメインとしたきっぷのブログ

ふるさと行きの乗車券’10

ふるさと行きの乗車券’10

 先の年末年始の帰省ラッシュ期間中に「ふるさと行きの乗車券」が再び発売されました。昨年のお盆に発売されなかったので、そのまま冬も発売されないと思っていたんですが…。JR東日本的には前回の発売が成功だったと捉えているんでしょう。前回(’09)と今回(’10)の変更点は以下の通りです。

  • 利用期間は10年12月27日~11年1月7日。(前回は09年12月26日~10年1月8日)

 単に曜日の並び順を考慮したんだと思いますが、前回は2回土日があったのに、今回は1回しかなかったのでちょっと使いにくかったです。使用開始初日の7日前に発売終了したのは前回と同じでした。

  • 着地はフリーエリア内単駅からフリーエリア内乗り降り自由に変更。

 前回の復路の券面には地図が印刷されていてあたかもフリーきっぷっぽかったので、フリーエリア内乗り降り自由と誤認した人が相当多かったんじゃないかと思われます。今回の改善で帰省用途以外にも使いやすくなったと思いますが、少々値上げされていたりします。

 前回は出発地が「東京都区内」と「大宮~川口・戸田公園」しかなく、「帰省を応援」と言うキャッチフレーズの割に貧弱な設定でした。今回から東京駅から30Km圏内は含まれるようになり、かなり利便性は上がったと思います。

  • 「新潟・庄内エリア」から「新潟エリア」と「庄内エリア」(府屋~吹浦間)に分離。 

 同じ新潟支社管内とは言え、酒田と長岡が同一エリアに入っていたのはそもそも無理があったと思います。東京からの片道運賃で比較しても両者で3360円も違います。ただ、「庄内エリア」に分離しても上越羽越線経由のみの利用で、山形新幹線経由は不可でした。

  • 着地エリアの小規模な見直し。

 三沢~八戸~久慈間は「岩手・三陸エリア」から「秋田・青森エリア」に変更されました。また、いわて銀河鉄道(IGR)・青い森鉄道の二戸~八戸間は前回は「岩手・三陸エリア」に含まれていましたが、今回は両エリアから除外されました。

  • 学生用運賃の廃止。

 前回は大人よりおよそ2割安い学生用運賃がありましたが、今回はなくなりました。学生証の呈示だけで発売できたので、限りある学割証の節約にもなったと思うんですが…。

 期間の短さがネックでいろいろと迷ったんですが、今回も使ってきました。今回は「宮城・山形エリア」で、フリーエリアは以下の通りでした。フリーエリアまでの経由は東北線(新幹線含)のみでした。

 宮城・山形県はほぼ網羅していて、一部福島県も入っています。常磐線宮城県区間(坂元~岩沼間)も含まれてもいいような気がしましたが、なぜか除外されています。まぁ東京~福島間の往復だけで9240円しますから、8700円でこれだけ乗れればかなり値ごろ感はあるかと思います。

Q0091 (ゆき)

Q0092 (かえり)

 残念ながら私は仕30日午前中まで仕事で、元旦は別の予定が入っていたので、大船~大石田間の大晦日日帰り往復利用で終わりました。もう少し時間があれば仙台近辺の初詣列車にも乗りたかったんですが…。

 なんとなく今回の「ふるさと行き乗車券」を使ってみて、昔の「ミニ周遊券」を思い出しました。「ミニ周遊券」とは今の周遊きっぷの前身で平成10年3月まで発売されていました。出発地と周遊区間とその経路は指定されていて、経路上・周遊区間内とも急行列車の自由席が利用でき、周遊区間内までの経路上で途中下車ができました。ただし、新幹線や特急列車に乗る場合は特急料金が必要になりました。

 「ふるさと行き乗車券」は途中下車こそできないものの、機能が乗車券のみでフリーエリア内乗り降り自由、特急料金が別途必要というところが「ミニ周遊券」に似ているように思います。個人的には途中下車できるといいんですが、発売する側としては帰省に寄り道する人は多くはないので、できなくても差し障りはないという考えなんでしょう。

 気が早いですが、次回(今年の暮れ)も発売されるのか注目しています。