続・吾輩はヲタである

JR券をメインとしたきっぷのブログ。そろそろ15周年。

自動改札対応の車発機券

自動改札対応の車発機券

 JRの車掌が車内検札などで使用する端末(車発機)はレシート券がほとんどですが、JR東日本の首都圏の車掌区では自動改札に対応した券売機と同じサイズの券(いわゆる「エドモンソン券」)を発券できる端末がありました。

B0112

 プリカット紙を使用していて、券面右の7桁の番号は予め印刷されています。それ以外の部分を車発機で印刷するような感じです。拡大してみるとわかりやすいです。ちなみにこの券が出てくるのは乗車券のみで、特急券やグリーン券など自動改札に敢えて通す必要のないきっぷは通常のレシート券で発券された覚えがあります。

 また、発売区所や列車番号も印字されるので時刻表があればどの列車に乗ったかわかります。当時、東京車掌区担当で375Mという列車番号は下りの「ムーンライトながら」でした。新宿駅まで有効な定期券と「鉄道の日記念きっぷ」を持っていたので、日付が変わる横浜駅まで精算した際に発券されました。

 現在ではまた自動改札を通れないレシート券のみに戻ってしまい、機能退化した感じは否めません。JR東日本ではいつ頃からあっていつ頃なくなったのかは定かではありませんが、私の手持ちでは平成14年11月が最後です。私鉄では相模鉄道愛知環状鉄道で同様のものが現役で使用されているようです。