続・吾輩はヲタである

JR券をメインとしたきっぷのブログ。そろそろ15周年。

アクティブ65(個人用・北部九州版)

アクティブ65(個人用・北部九州版)

N0271

JR九州が65歳以上の高齢者に対して発売しているフリーきっぷです。「ジパング倶楽部」や「マイウェイクラブ」のような会員組織に属する必要はなく、年齢を証明する書類を呈示すればいいようです。このきっぷは発売形態によって3つ、フリーエリアによって2つに分かれ、都合6種類があるようです。

  • 発売形態…個人用・夫婦用・贈答用
  • フリーエリア…北部九州エリア・全九州エリア

「個人用」は一人移動用で、「夫婦用」は夫婦で移動する場合です。「夫婦用」を利用する場合は夫婦どちらかが65歳以上であれば購入できます。値段は「個人用」2枚分と変わりません。さらに「贈答用」は利用する人以外が購入する用で、年齢を証明する書類の呈示が不要で、使用開始日の指定はなく購入日から1年以内に使用開始すればよいという特徴があります。子から親にプレゼントすることを想定しているようです。

フリーエリアの「北部九州」は九州新幹線(博多~熊本間)を含む豊肥本線以北です。この分け方は以前発売されていた「コロプラきっぷ」と同じです。「南九州用」はありません。3日間フリーエリア内の新幹線・特急列車が利用でき、6回まで普通車指定席が利用できます。繁忙期の利用制限はなく、北部九州用で8000円、全九州用で15000円という破格の安さです。

このきっぷは嫁の母上が友人と旅行に行った際の「おこぼれ」を貰ったものです。この他に指定券発行控の券片があります。北九州から開通したばかりの九州新幹線に乗って阿蘇山を見ながら由布院に行って、帰りは特急「ゆふいんの森というリクエストを全部取り込んだら、このきっぷが一番安いという結論になりました。

今のところJR九州を全年齢で利用可能なフリーきっぷはないので、羨ましくも妬ましくもあります。JR九州に限ったことではありませんが、「フルムーン」が流行した昭和の末の頃ならともかく、今は65歳以上人口が全体の2割を超える超高齢化社会ですから、高齢者ばかりここまで極端に優遇しないでもいいように思います。とかく内向きだといわれる若い世代や、なかなか家族旅行できない子育て世代が外に出かけるきっかけになるようなきっぷも考えてもらいたいものです。