続・吾輩はヲタである

JR券をメインとしたきっぷのブログ。そろそろ15周年。

敵の敵は味方

踊り子箱根フリーきっぷ

Q0023 (ゆき)

Q0024 (かえり)

 「踊り子箱根フリーきっぷ」は発駅からフリー区間まで往復の特急「踊り子」スーパービュー踊り子リゾート踊り子の指定席とフリー区間周辺の伊豆箱根バスがセットになったきっぷです。

【フリー区間

 私はこのきっぷで初めて湯河原廻りで箱根に行きました。ちょうど裏から回り込むような感じですが、道路の渋滞もなく極めてスムーズでした。またこのきっぷを提示することにより伊豆箱根鉄道系列の芦ノ湖遊覧船や駒ケ岳ケーブルカーなどの観光施設が割引になります。

 箱根の観光開発は古くから西武系(伊豆箱根鉄道)と小田急系(箱根登山鉄道)で激しく競争しています。JRと小田急は東京~箱根間の観光客輸送で競合関係にあり、JRの敵の敵である伊豆箱根鉄道と手を結んで設定されたきっぷという感があります。横浜市内以外に東京都区内からの設定もあります。

【ひとこと】

 このきっぷでは箱根登山バスに乗ることができず、逆に小田急で発売している「箱根フリーパス」では伊豆箱根バスに乗ることはできません。会社名が似ている上に両社のバスが同じ経路を走る部分も多く、バス停も共用しているところまであり、利用客にとってかなり紛らわしいです。私も間違えて箱根登山バスに乗ってしまいそうになりました。難しいかもしれませんがこの辺が解決されれば使いやすいきっぷになるとは思います。

Kowakien (共用しているバス停)

 価格的には「箱根フリーパス」へのに対抗上、かなり安上がりになっています。極端な話、小田原・熱海への往復だけで元が取れます。JRのネットワークを活かして出発地の設定を増やせばいいかと思います。

使い勝手…★★★☆☆

お得感…★★★★★

当日発売…あり

小児用…あり

【補足:15/6/7】

 時期不明ですが発売終了していますので、カテゴリーを追加しています。小田急グループの壁は厚かったということでしょうか…。