続・吾輩はヲタである

JR券をメインとしたきっぷのブログ。そろそろ15周年。

全車禁煙

N700系

N700nozomi2

 先日、7月1日に東海道・山陽新幹線「のぞみ」に投入されたN700系に遅ればせながら乗ってきました。運転初日の一番列車の指定券は上下とも早々に売り切れたそうです。私は一番列車にこだわりはありませんが、初日には少しこだわりがありました。しかし、3月中旬には北海道までDMVに乗りに行く計画を立ててしまっていたので、早々に諦めました。まぁ東海道新幹線には旅行以外でもよく乗るので、そのうち乗れればいいかなと思っていました。

N700maku

 当初は東京・品川~博多間に3往復、東京~新大阪間に1往復の計4往復の「のぞみ」に投入されました。平成15年10月の開業以来初めて品川駅始発の列車(99号)が設定されました。右の写真はその「のぞみ99号」の行き先表示です。フルカラーLEDで号数や次の停車駅まで表示されていて見やすくわかりやすいです。

F0253

 車内の最大の特徴は昨今の世相を反映して全席禁煙席になったことです。N700系が充当される「のぞみ」の指定券には列車名と号車の間に「全席禁煙」と印字され、他の車両の「のぞみ」と区別されます。16両編成の16号車は通常喫煙車ですが、N700系は禁煙車になっています。

 なお、無効印は「無効 (海)新大阪」という二段組みのごく普通のものです。小田原駅で見かけたN700系の絵柄入りの無効印をちょっと期待したんですが…。

 私が乗ったのは見ての通り名古屋→新大阪間の99号です。すぐ後続の東京駅始発の1号と名古屋駅発車時刻は7分しか違いませんが、1号の窓側席は名古屋~新大阪間という比較的短い区間でも満席でした。片や私が乗った99号はガラガラでした。休日だったせいもありますが、東京駅始発の方が乗車率はいいようです。

 客室内は静かになったと言われればそうかな~?という程度でしたが、デッキは連結部分を全面幌で覆ったせいか明らかに変わった(静かになった)ように感じました。あと、カーブでの揺れが少ないとも感じました。窓側と車端の席にPC用のコンセントが付いているのも便利で、短い時間ながら携帯の充電ができました。今回はわずか49分の乗車時間だったので、次はもう少し長く乗ってみたいです。

 注文を付けるとすれば、座席の色がわりと鮮やかな青色なので長時間乗るにはちょっと落ち着かないなと感じました。

N700nozomi1 (名古屋駅)

 写真は名古屋駅に進入する99号を撮影したものです。前日デジカメを列車に忘れてきてしまい、携帯のスポーツモードで撮影しました。200万画素ですがしょせん携帯です。この後デジカメは無事に見つかったので、写真もリターンマッチといきたいところです。