続・吾輩はヲタである

JR券をメインとしたきっぷのブログ。そろそろ15周年。

勝田乗継の特急券

勝田乗継の特急券

 かなり以前の初期の頃の記事ですが、水戸駅での常磐線特急どうしの列車間乗継の特急券を紹介していました。この当時から水戸駅とともに勝田駅でも適用されていたような気がしたんですが、なぜかスルーしています。

G1236 (席なし券)

G1237 (指のみ券:指定席)

G1238 (指のみ券:グリーン席)

 このきっぷは勝田駅フレッシュひたち17号」「スーパーひたち19号」を乗り継いだ際の特急券で、券名を見てのとおり「フレッシュひたち」は普通車、「スーパーひたち」はグリーン車を利用しています。

 「スーパーひたち19号」は柏駅を通過していたので、いわき駅まで利用するにはこういう乗り継ぎにならざるを得ませんでした。また、「フレッシュひたち17号」は全車普通車のE653系、「スーパーひたち19号」」はグリーン車ありの651系が充当されていたので、このように一部区間グリーンとなっています。グリーン料金を支払っている区間は実際にグリーン席に乗車する勝田~いわき間だけです。

 昨日のJR東日本のプレスリリースで、来年3月14日のダイヤ改正で現在の常磐線特急「スーパーひたち」・「フレッシュひたち」を再編して「ひたち」「ときわ」とシンプルな愛称とするとともに、新たに開通する上野東京ラインを通じて品川駅まで乗り入れることが発表されています。

 また、特急料金を自由席・指定席を一本化する改定(自由席は値上げ、指定席は値下げ)も行われることとなり、合わせてこのきっぷのような水戸・勝田駅での乗継の場合に特急料金を通算できる特例は廃止されることになりました。以降は列車ごとに特急券を購入することになります。

 上のきっぷと同じ利用をした場合の特急料金を現行制度と来年3月14日以降の新制度とで比べてみました。

【現行料金制度】

柏~いわき間(特急料金)    :2160円

勝田~いわき間(グリーン料金):1030円   計:3190円

【新制度】

柏~勝田(指定席・事前)     :1000円

勝田~いわき(グリーン席・事前):1510円  計:2510円

 意外や新制度の方が680円も安くなっていました。柏~勝田間もグリーン車にした場合でも新制度だと3020円で収まっています。さらに新たに導入される「えきねっとチケットレスサービス」を併用すると一区間あたり100円ずつの割引があります。

 新制度のグリーン席利用時の特急料金は51~100Kmが1510円なのに、101~150Kmになると一気に倍以上の3090円に跳ね上がります。短距離でのグリーン席の稼働率を上げたいせいなのか、最も需要の多い上野~水戸・日立間(101~150Km)でがっつり稼ぐためなのか、こういう一見妙な価格設定になっています。そのため上記の例のような新制度の方が安くなる区間も出てきます。

 この新制度はなかなか興味深いのでもう少し調べてみます。