続・吾輩はヲタである

JR券をメインとしたきっぷのブログ。今年で15周年を迎えました。

十日町雪祭り

ほくほく十日町雪祭り

◆種別:特急

◆運転区間:大宮~十日町ほくほく線経由)

G0964 

 一昨年前から十日町雪まつりへの観光客向けの列車として、大宮~十日町間を全車指定席の特急列車で運転されています。十日町へは飯山線ではなく、六日町から北越急行経由で乗り入れます。

大宮(10:37)/熊谷(11:09)/高崎(11:42)/新前橋(11:51)

               →→→越後湯沢(13:16着/48発)/十日町(14:27)

 車両はJR東日本新潟車両センターの485系でした。前面・側面とも幕は「臨時」の表示でした。どうやら急遽車両変更したらしく、その旨を車内放送していました。確かに時刻表上はグリーン車のない普通車全車指定席でしたが、実際の車両の1号車は半室グリーン車になっていました。その席の指定券を持っていた人はそのままの料金でグリーン席に座れていたようです。ちなみに当初予定では大宮車両センターの183・9系だったそうです。

Hokuhokutokamachi (上越線・水上)

 大宮駅を出たころは半分程度の乗車率でしたが、途中停車駅で乗客を拾っていたようで新前橋駅を出るころには7~8割が埋まっていました。新幹線で越後湯沢まで行って、越後湯沢駅ほくほく線に乗り換えたほうが速いんですが、乗り換えなしで直通したいという需要は確実にあるようです。途中の越後湯沢駅では32分停車し、定期の特急「はくたか」ほくほく線普通列車を先行させました。2両編成の普通列車はすし詰めで積み残しを発生していたので、まったりこちらに乗って正解だったように思いました。

 大宮駅は新幹線・在来線ともいろいろな列車が見られるため、いま話題の「撮り鉄」が多いところです。ルールを守った上で人様に迷惑かけずに撮っている分には何の問題もないんですが、大宮駅はマナーが特に悪く、撮り鉄が駅員や警備員、同業者や一般人に口汚い罵声を浴びせるなど荒れる(俗に「罵声大会」とも言うようですが…)ことでも有名です。試しにYouTube「大宮駅  罵声」と検索するといくつも引っかかります。罵声大会に遭遇した撮り鉄の友人は二度と大宮には行きたくないと言うぐらいです。罵声を浴びせられた一般人は言わずもがなです。

 今回も罵声大会になるんじゃないかと思って大宮駅ではほとんど撮影せずに様子を見ていたんですが、特にそんなことはなく平穏でした。少なくとも傍からはそう見えました。上の写真は上越線水上駅で撮影しました。この年で罵声を浴びせられるのは御免です。