続・吾輩はヲタである

JR券をメインとしたきっぷのブログ。そろそろ15周年。

30周年記念!ネット九州パス

30周年記念!ネット九州パス

 JR九州では会社設立30周年を記念して3月25日~4月9日にJR九州全線の新幹線・特急列車の自由席が利用できる「30周年記念!ネット九州パス」という全線フリーきっぷを発売しました。

 10周年や20周年の際にはJRグループ全線で利用できるフリーパスが発売されましたが、残念ながら30周年の今年は発売されず、このような各社独自企画となりました。30年経ってJRグループとしての一体感がますますなくなっていくような感じがして、残念に思いました。

f:id:imadegawa075:20190120011917j:plain

 「ネット~」と名が付くとおり、JR九州インターネット列車予約サービス限定の発売で、利用開始日7日前までの購入が必要でした。決済さえ済ませておけば当日受け取りは可能でした。現に私も3月17日に決済を済ませ、4月8日の利用開始当日に受け取っています。

  大人 小児
2日間用  15,000円   3,000円
3日間用  20,000円   5,000円

 価格はこんな感じでした。小児用は大人用との同時発売に限られました。大人用は過去のきっぷと比較して割安感はありませんでしたが、春休み中で家族連れの利用を想定してか小児用がかなり安く設定されていたのがポイントです。

 ただ、このきっぷ大きな欠点がありました。これまでのJR九州の特急自由席利用のフリーきっぷで指定席を利用する場合は520円の「新幹線指定料金券」もしくは「指定料金券」の追加だけで利用できました。ところが、このきっぷで指定席を利用するには乗車区間に応じた特急料金+520円の「指定席特急券」が必要になりました。

 JR九州が売りとしている観光列車はほとんどが全車指定席です。「30周年記念!」と銘打ってマークまで付けておきながら、観光列車の指定席を利用する場合には割高な「指定席特急券」が必要というのははっきり言ってセコいと思いました。

 ちなみにこのきっぷの翌週に「九州からありがとうパス」というほぼ同様の1日用のフリーきっぷが発売されましたが、そちらは九州新幹線「みずほ」を除き「指定料金券」の追加で指定席利用ができました。なんでこのきっぷだけそういう設定にしたのかなおさら理解に苦しみます。

 JRグループ各社で30周年や会社設立記念を銘打ったきっぷが発売されていますが、今のところ「おっ!」と思わせるようなきっぷはあまりありません。とはいえ、まだ今年度は第一四半期が終わったばかりですから、今後に期待といったところでしょうか。今後も追える限りは追っていきたいと思っています。