続・吾輩はヲタである

JR券をメインとしたきっぷのブログ

EX早特21ワイド

EX早特21ワイド

 21日前まで購入することで早朝・昼間の「のぞみ」が割引になる商品として発売されていた「EX早特21」は、6月1日~7月22日乗車分については商品の内容を変更し「EX早特21ワイド」として発売されました。

 「EX早特21ワイド」は21日前まで購入という条件は同じですが、「EX早特21」にあった「のぞみ」の早朝(6時台)・昼間(11時~15時)という時間帯の制限がなくなり全時間帯利用できるようになりました。それがワイドという名のゆえんかと思います。

 「のぞみ」が利用できる早期購入割引商品である「EX早特」「EX早特21」「EX早特21ワイド」の三者の商品内容を比較すると上の表のとおりになります。

  EX早特 EX早特21  EX早特21 
ワイド
予約期限 3日前 21日前 21日前
対象列車 全時間帯の
「のぞみ」
早朝・昼間の
「のぞみ」
全時間帯の
「のぞみ」
購入後の予約変更 不可
グリーン車用 あり なし なし
設定区間 22区間 24区間 24区間

 「EX早特21ワイド」は「EX早特」と「EX早特21」の中間のような商品と言えますが、購入後の予約変更不可は今までの早特商品にはなかった条件です。

   EX早特  EX早特21  EX早特21 
ワイド
東京・品川~名古屋 設定なし 8,960円 9,800円
東京・品川~新大阪 設定なし 11,200円 12,370円
東京・品川~岡山  14,670円
 14,260円
13,240円 13,900円
東京・品川~広島  16,190円
 15,790円
14,260円 15,000円
東京・品川~新山口  17,420円
 16,810円
15,280円 16,000円
東京・品川~小倉・博多  17,720円
 17,310円
15,890円 16,600円
名古屋~小倉・博多  14,460円
 14,260円
13,240円 13,900円

 主な区間の価格の比較をしてみます。「EX早特」の上段は平日価格で下段は土休日の価格です。こうして見ても「EX早特21ワイド」は「EX早特」と「EX早特21」の間の価格設定になっています。 

 山陽新幹線に跨る区間では「EX早特」の設定があります「EX早特21ワイド」は21日前まで購入かつ変更不可という厳しい条件であるにも関わらず、「EX早特」との価格差は360円~1,420円なので、価格差を勘案すると絶対に変更する可能性がない限り「EX早特」を利用した方がいいように思います。

f:id:imadegawa075:20210728003239j:plain

 先のオリンピック開会式の4連休に利用してきたものです。連休開始前日の夕方でしたが「EX早特21ワイド」は空いている列車も割とありました。(だいぶ緩んだとはいえ)新型コロナ禍の自粛ムードはあったと思いますが、変更不可というかつてない厳しい条件が響いて「EX早特21ワイド」の利用に慎重になった人が多かったんじゃないかと推測します。

  2ヶ月弱の間とはいえ、既存の「EX早特21」の発売を止めてまで「EX早特21ワイド」を発売したのは、客単価を上げるために「EX早特21」を「EX早特21ワイド」化する布石のように見えます。閑散期における売れ行きや傾向を見て、今年中に実施するような気がします。個人的に時間帯の制限がなくなるのはありがたいですが、変更不可というのは厳しいです。「EX早特21」と「EX早特21ワイド」の併売だったらいいんですけどね。