続・吾輩はヲタである

JR券をメインとしたきっぷのブログ。そろそろ15周年。

ぶらりおとぎ街道

ぶらりおとぎ街道号

◆種別:快速

区間:仙台~(阿武隈急行)福島

Otohikaido2 Otohikaidohm

 10月から開催されている「仙台・宮城ディスティネーションキャンペーン」の一環で、11月2・3・22~24日に仙台から阿武隈急行経由の福島まで快速「ぶらりおとぎ街道」号が運転されました。車両はJR東日本勝田車両センター所属の485系でした。指定券は8号車となっていますが、実際は7~10号車の4両編成でグリーン車の10号車は通路扱いで、実質3両でした。

 普段は朝夕一往復ずつ阿武隈急行の車両が仙台駅に乗り入れています。一昔前までは福島側からもJRの455系が阿武隈急行に乗り入れていましたが、現在はありません。JRの特急型車両が乗り入れるのは非常に珍しいことで、私の記憶では今までなかったと思います。ちなみに車内放送では「またあるかどうかわかりません!」と煽っていました。阿武隈急行はJRと同じ交流電化されているので、普段からもう少し乗り入れを増やしたらどうかと思うんですがいかがなものでしょうか?

I0372

 仙台駅発車時点では1両当たり10人弱でガラガラでした。阿武隈急行に入ってから親子連れが多く乗ってきました。阿武隈急行ではしっかり宣伝すると同時に、1日1000円の全線フリーきっぷも発売していました。阿武隈急行にはマルス端末がないことも考慮すると、往復ともJR区間を全車指定席にする意味はなかった感じがします。もし、何らかの別料金が必要であれば、定員制の乗車整理券がいいと思います。

 写真はいずれも阿武隈急行角田駅で撮影したものです。柱の陰に子供が隠れています。