続・吾輩はヲタである

JR券をメインとしたきっぷのブログ。そろそろ15周年。

東北ローカル線パス

東北ローカル線パス

N0191 

 「東北ローカル線パス」は9月4日~11月30日の期間限定で発売されている東北6県のJR線および私鉄の快速・普通列車が3日間6000円で利用できるフリーきっぷです。期間中の「金・土・日」または「土・日・月」の連続する3日間利用できます。新幹線や特急・急行列車(秋田内陸縦貫鉄道の急行は急行券購入により利用可)は利用できません。「青春18きっぷ」の期間限定・地域限定バージョンといったところでしょうか?フリー区間は以下のとおりです。

【フリー区間

 これを見ると東北地方の鉄道事業者で利用できないのは津軽鉄道仙台市営地下鉄仙台空港鉄道ぐらいです。よくこれだけ取り纏めたなぁと感心しました。「東北6県のJR線」とありますが、北限はともかく南限がどこまでかわかりません。「ご案内券」にもその記載はありませんでした。

<JR線の南限>

 南限の駅はこんな感じです。私は少しはみ出して利用したので、買い足さなければならない範囲を時刻表で確認せざるを得ず、ちょっと不親切だなと感じました。

 私は10月の3連休中に利用しました。「三連休パス」も考えたんですが、そんなに急ぐような旅でもなかったのでこのきっぷにしました。青森県以外の5県に足を踏み入れ、社線は会津鉄道だけ乗りました。途中、特急列車を使ってワープしているので、在来線の特急列車ぐらい使えたらなお便利だと思いましたが、この価格では贅沢言えないと思います。

【ひとこと】

 JR+11事業者がフリーとなって3日間で6000円という価格は頑張ったと思います。このきっぷは1000円高速道路対策と言うよりはローカル私鉄の救済的な意味合いもあるかもしれません。各社にはJRから売り上げに応じた配分があるはずですが、一社当たりせいぜい数百円だと思われます。そうするとこのきっぷで下手に長距離乗られてしまうと儲けがなくなってしまう感があります。

 11月28日出発分までで発売を終了しますが、「青春18きっぷ」期間(12月10日~1月20日)が明けたタイミングで再発売されるのではないかと予想しています。東北6県のJR線は全て乗っているので、今度発売されたら社線の残りを乗り潰してみたいと思います。

使い勝手…★★★★☆

お得感…★★★★☆

当日発売…あり

小児用…なし