続・吾輩はヲタである

JR券をメインとしたきっぷのブログ。今年で15周年を迎えました。

アンチ新幹線?

アンチ新幹線?

 昨年12月の東北新幹線新青森開業に伴って、本州~北海道連絡の特急列車の本州側の発着駅が八戸駅から新青森駅に変わりました。また、新青森駅には秋田・大館方面への特急列車も停車するようになりました。それと地味に見落とされがちですが、寝台特急「あけぼの」「日本海」も停車するようになっています。なお、新青森駅での新幹線⇔寝台特急の乗継割引は適用されないという例外規定が設けられています。

G1044

 その新青森駅から利用した「あけぼの」の寝台券です。一昨年の大晦日に乗りそびれたシングルデラックスのリベンジをしようと思ったんですが、予算の都合で今回はソロにしました。

        新青森     上野  東京

はやて40号 18:28 →→ 22:02 22:08

はやて42号 19:33 →→ 23:02 23:08

 新青森18:33と言うと↑のとおり東京へ帰る新幹線にも間に合います。上野までの特急料金は通常期で6300円ですから、寝台に乗るよりも割安です。しかし、私の場合東京都心から自宅まで1時間半~2時間かかるので、新幹線の最終で帰ると帰宅は午前様になります。その状態で翌朝通常通り出勤するのは寝不足でしんどいです。

 決してアンチ新幹線と言うわけではないんですが、そういう事情を考慮した末で寝台にしました。乗車時間はおよそ12時間半あるので、早めに寝れば十分な睡眠時間を確保できます。もちろん上野駅に着いてからは帰宅せずそのまま出勤です。

 実際には疲労とアルコールのおかげで大館駅に着いた(19:45)記憶がなく、目が覚めたら大宮駅に着きそうなところでした。だいたい10時間の睡眠時間を確保でき、普段の平日よりむしろ快調に出勤できました。われながら寝台列車を有効利用できたような感じがしました。