続・吾輩はヲタである

JR券をメインとしたきっぷのブログ。今年で15周年を迎えました。

掛川駅連絡改札

掛川駅連絡改札

 掛川駅はJRと天竜浜名湖鉄道天浜線)が乗り入れる駅です。昭和63年には東海道新幹線の駅も開業しています。天浜線の駅舎はJRの駅から少し離れたところにあります。ただ、天浜線の改札口の前に無人のJRの自動改札機が設置されていて、乗り継ぎ客に不便を強いることがないよう配慮されています。

Tenhamakakegawa (掛川駅連絡改札)

 上の写真はその連絡改札の写真(クリックすると拡大します)です。左がJRの自動改札機で、右が天浜線の改札です。天浜線→JRの乗り継ぎはJRの自動改札対応の乗車券類やTOICA等ICカードを持っていればスムーズです。JRの乗車券類を持っていなければ、結局JR改札に回らなければならないかと思っていたんですが、そうではありませんでした。 

TenhamakakegawaV (出札傍らにあった券売機)

 天浜線の出札の傍らにあった券売機です。パネルには「天竜浜名湖鉄道」と表示されていますが、その上の運賃表には天浜線の運賃とともに、掛川駅からのJRの運賃が表示されていました。掛川駅からのJR単独券が購入できるようだったので、早速購入してみました。

B0458 

 その現物がこれです。地紋はPJRで左上に(天竜浜名湖鉄道)と印字されていますが、これは自社券の様式を流用したためでしょう。とは言え、金額の上には「東海会社線」と印字されており、れっきとしたJR券です。[海]という社名記号やローマ字表記はさすがにありませんが。金額の下にわざわざ「掛川駅発行」とあるのは目新しいです。

 この券売機で購入できる範囲は1110円まで(清水~豊橋~小坂井間)になります。このきっぷが新幹線の自動改札にも対応しているのかもちと気になります。自社とJRの改札口が向かい合い、社線でJR券を発売する駅は岳南鉄道吉原駅明知鉄道恵那駅も挙げられますが、吉原駅硬券恵那駅は常備軟券だったので、自動券売機でJR券を発売しているのは掛川駅だけじゃないかなと思います。