続・吾輩はヲタである

JR券をメインとしたきっぷのブログ。今年で15周年を迎えました。

やまぐちあすか

SLやまぐちあすか

◆種別:快速

区間新山口~津和野

Yamaguchiasuka3 YamaguchiasukaHM

 10月16・17日に新山口~津和野間で快速「SLやまぐちあすか」号が運転されました。一昨年の山口ディスティネーションキャンペーン以来、山口線のSLに何かしらのジョイフルトレインが動員されていて、今年は「あすか」と「なにわ」が使用されました。そのうち「なにわ」は一昨年の快速「SLやまぐちDX」号として運転された実績がありましたが、「あすか」は初のことでした。

Asuka2 Asuka3

 なんだか人の名前みたいな列車ですが、「やまぐち」と「あすか」を合体させて「やまぐちあすか」となったものです。「あすか」はJR西日本宮原総合運転所に所属するお座敷客車で、12系客車と14系寝台車を改造して昭和62年10月に完成しました。座席は全てグリーン席ですが、なぜか車体にグリーン車マークはなかったように見えました。団体専用列車で運転されることがほとんどで、臨時列車に供用されること自体が極めて珍しいです。

 私は一昨年に「やまぐちDX」には乗っていたので、乗るとしたら「あすか」一本に絞りました、ただ、当初は行けるかどうか不透明だったため、1ヶ月前の10時打ちには参戦しませんでした。その後状況が変わって行けそうになり、1日何度か「指定席券売機」で調べてみましたが、全区間で空きが出ることはありませんでした。区間を区切ると湯田温泉新山口間で一瞬空席が出ましたが、いくら「あすか」に乗りたくても、たった18分の乗車のためにはるばる山口まで行く気にはなれませんでした。

 ヤフオクではいつも同じような人が大量出品し、950円のグリーン券が5~6000円ほどに高騰していました。おそらく発売前に団体枠で抜いた席をバラ売りしてるんだと思いますが、どうしてこういうことができて、どうしてそれを防ぐすべがないのかいつも不思議に思います。遂にはいつも×(満席)が表示される「指定席券売機」に嫌気が差し、一旦は空席を調べるのを止めました。

I0490

 状況が変わったのは1週間前の軽井沢駅での偶然でした。連れが買い物へ行っている間ヒマだったので「指定席券売機」で往路の空席照会をしてみたところ、見慣れた×になっていました。私は反射的にボタンを押して指定券を押さえていました。この瞬間、山口行きが決定しました。

 そうなると復路も乗りたいという欲が出てしまうのが人間です。しかし、往路同様空きが出ませんでした。経験上、運転日の3日前~前日は戻りが出ることが多いんですが、そのタイミングでも全然出ませんでした。

 最終的に復路の指定券も確保できたのは往路に乗りに行くため泊まった先での小倉駅でした。「4席ありますけど、どうされます?」と言われ、すかさず2席押さえました。ただ、この時はちょっとだけ頭を使いました。知っている人は知っているでしょうが、これは企業秘密です。

I0489

 こうして確保できた復路の指定券です。時間や手間を惜しみ、お金を出してヤフオクで買うこともありだとは思います。決して否定はしません(ただし、指定券をアンフェアな手段で仕入れて転売したり、恒常的に転売を行うことには反対です)。ただ、自分で苦労してゲットした指定券はコレクションとしての思い入れが格段に違うと思います。ここは「乗れればいい派」と「乗ってきっぷまでコレクションする派」のこだわりの違いかもしれませんが…。

 「あすか」のハイデッカー車は今回の運転では抜かれていて6両編成でした。また、機関車は往路は重連で、復路はプッシュプルで運転されました。文字だけで表すとこんな感じ↓になります。どうも撮る人にとっての被写体としての魅力は重連>プッシュプルのようで、沿線の撮り鉄の数も目に見えて違ったように感じました。下の写真はクリックすると拡大します。

往路         [あ][あ][あ][あ][あ][あ][C56)[C57) (津和野→)

復路 (←新山口) (C57][あ][あ][あ][あ][あ][あ](C56]

Yamaguchiasuka1 (往路:新山口駅

Yamaguchiasuka2 (復路:津和野駅)

 初めて乗った「あすか」は期待以上でした。お座敷は畳のいい香りがしました。1両の定員は24人(展望車)ないし28人(展望車以外)で、広くゆったりとしていました。堀ごたつ式ではありませんが、ホールド感のあるしっかりとした座椅子で、乗っている最中もさほど疲れは感じませんでした。これならグリーン料金を払う価値があるなと思いました。

Asuka_inside1 Asuka_inside2

 展望室は編成の両端にありましたが、ずっと占拠しているヲタや家族連れがいて、立ち入る余地がありませんでした。この写真は津和野駅に到着し、占拠していた人がいなくなってから撮影したものです。前部の展望室は機関車を間近に見ることができました。

Asuka (展望車外観)

Asuka_tenbou (展望室車内)

 往路の車内は乗車率が高く、ヲタよりも団体客の方が多かったように見えました。私が乗った6号車は倉敷からの団体客がほとんどを占め 、普通に指定券を買って乗っていたのは私たちと向かいのオッサンの3人だけでした。隣にいた団体のツアコンのおねえさんに「1週間前でよくこの列車の指定が取れましたね~」って言われましたが、私が軽井沢駅で偶然拾えた2席はこの団体の戻しだったかもしれません。逆に復路はガラガラで、指定券が全て売り切れているようにはとても見えませんでした。せっかく指定券を取っても、乗らなければもったいないと思うんですが。「あすか」のようにめったに走らない車両だとなおさら…。

 また来年は違った客車で運転されるかもしれません。個人的には昨年乗りそびれた「ゆうゆうサロン岡山」での運転に期待したいです。写真で特に注釈のないものは津和野駅で撮影したものです。