続・吾輩はヲタである

JR券をメインとしたきっぷのブログ。そろそろ15周年。

ロックインジャパン

ロックインジャパン

◆種別:急行

区間:上野~勝田

H0200

 急行「ロックインジャパンはその名の通り、茨城県ひたちなか市国営ひたち海浜公園で8月2~4日に開催された音楽フェスティバル"ROCK IN JAPAN 2013"に合わせた臨時列車です。JR東日本の臨時列車で急行列車として運転されるのは珍しいです。

Rockinjapan Rockinjapan_led

 車両は特急「フレッシュひたちの定期運用から離脱し、持て余し気味だったJR東日本勝田車両センターのE653系が充当されました。つい先ごろまで特急列車として走っていた車両なので、設備は定期特急と比べて全然見劣りしません。なので、なんで急行列車で運転されたのか不思議な感じがしていました。行先表示は種別のみ「急行」となっていました。

           上野     柏   土浦    勝田

Fひたち91号  6:39 → 7:07 → 7:34 → 8:10  1時間31分(臨時) 

Sひたち3号   7:00 →  通過 → 7:42 → 8:17  1時間17分

ロックインJ    7:13 → 7:42 → 8:21 → 9:02  1時間49分(臨時)

Fひたち5号   7:30 → 7:50 → 8:17 → 8:54  1時間24分

 同じタイミングで運転された臨時特急「フレッシュひたち91号」とも合わせて比較をしてみました。そうしたところ、ロックインジャパンは所要時間が一番長いうえに、柏~土浦間(厳密に言うとひたち野うしく駅で)で後続のフレッシュひたち5号」に抜かれています。特急が特急を抜かすわけにはいかないでしょうから、苦肉の策として急行としたのかもしれません。

 また、「びゅう」の旅行商品で列車で"ROCK IN JAPAN 2013"に行くパックツアーがありました。いくつかある中の安いプランは往路にこの列車を利用していました。急行列車化することによって旅行商品の差別化にも使っているんだなとも思いました。

 私はいわゆる「フェス」というものには行ったことがなく実態もよく知らなかったんですが、ずいぶん朝早くから活動するようです。車内は満席にはなっていませんでしたが、7割程度の席が若い人で埋まっていました。これから楽しみにしているイベントに行く高揚感があって、賑やかで活気がありました。私は早起きするのに精いっぱいで、車内ではほとんど沈没していましたが…。

 今年も"ROCK IN JAPAN 2014"に伴ってこの列車が運転されます。今年は2週に分けて開催されるので、8月2・3・9・10日の4日間設定されています。列車の写真は上野駅で撮影したものです。