続・吾輩はヲタである

JR券をメインとしたきっぷのブログ。今年で15周年を迎えました。

値上げ前後の乗車変更1

値上げ前後の乗車変更1

 4月1日より消費税が5%から8%に増税されました。増税は平成9年以来17年ぶりのことです。それに伴ってJRを始めとする鉄道の運賃もほとんどの会社で4月から値上げされました。

 3月までに購入した乗車券類は4月以降利用開始でも値上げ前の運賃・料金が適用されます。各地の定期券売り場に大行列が発生したのはそのためです。仮に50000円の定期券だったら1500円程度の差が出ます。「1500円」と考えるか「1500円しか」と考えるかは人それぞれですが…。

 ちなみに3月中に購入していた乗車券類を4月に入って乗車変更した場合でも値上げ前の運賃・料金が適用されます。払戻の際の手数料も旧手数料が適用となります。

A0977

 この乗車券は3月31日に購入していた乗車券を4月1日になってから乗車変更したものです。右上の四角囲みの「乗変」の下に0331という数字が印字されているのがわかります。これは乗車変更前のきっぷを3月31日に購入していたことを示すものです。

横浜市内~杵築】

  • 旧運賃…13590円 (払戻手数料:210円)
  • 新運賃…13980円 (払戻手数料:220円)

 値上げ前後の運賃を比較すると、上記のとおり390円の差が出ています。端末の方で乗車変更入力時に原券の発売日を手入力するエリアがあるようで、そこに入力することによって新旧の運賃を判断して発券しているものと思われます。きっぷを読み込ませて原券発売日を読み取る機能があるかと思ったんですが、案外アナログな印象は受けました。

 おそらく、この機能は値上げ前後で運賃・料金が混在する2~3ヶ月の間だけ使われるものと考えられます。ただし、来年10月からは消費税がさらに10%に上げられる予定ですので、それに伴ってJRの運賃・料金に変更があればこの機能は復活すると見てよいでしょう。

B0730

 ちなみに乗車券の乗車変更を行った場合の以前の乗変印字はこんな感じで、原券発券日の情報はありませんでした。

 この消費税値上げ前後の関連はあと2~3回仕込む予定です。