続・吾輩はヲタである

JR券をメインとしたきっぷのブログ。そろそろ15周年。

ふらっとグランクラス

 今年3月のダイヤ改正で上越新幹線にE7系が投入されました。E7系で順次E4系を置き換えていく予定でしたが、10月に長野新幹線車両センターが台風19号で被災し8編成が廃車になってしまったため、上越新幹線に投入予定だったE7系は北陸新幹線用に回され、E4系が少し延命することになりそうです。

f:id:imadegawa075:20191223230106j:plain

f:id:imadegawa075:20191223230115j:plain

E7系充当のとき366号:新潟駅 2019/8/12

 4月から上越新幹線「とき」のグランクラスを1名から片道で割安に利用できる「ふらっとグランクラス」という旅行商品が発売されています。東北新幹線や上越新幹線が利用できる「ふらっとグリーン」という商品が既にありましたが、そのグランクラス版という位置づけの商品です。

 発売価格は正規の運賃+新幹線グリーン席に1,000円加算した額で、「NEWDAYS」の1,000円分の利用券が付いているので、実質はグリーン車と同額でグランクラスを利用できることになります。4月~6月は東京・上野・大宮~長岡・新潟の6区間の発売でしたが、9月末まで発売期間を延長された際には越後湯沢・浦佐・燕三条発着も追加されました。

f:id:imadegawa075:20191223231018j:plain

グランクラスの乗車位置案内:浦佐駅 2019/8/12

 最上級クラスに位置づけるグランクラスを安売りしてしまう是非はさておき、大々的にディスカウントする商品はおそらく初めてです。「ふらっとグランクラス」の発売のリリースがダイヤ改正前の2月に行われていることから、「とき」のグランクラスがある程度苦戦することを見越して設定したのかなと思ったりもします。

 発売は「えきねっと」のみでびゅうプラザ店頭での発売はありません。申込期限は乗車前日の18時までです。乗車票およびクーポンは「ダイナミックレールパック」の仕組みを利用して指定席券売機での受け取りになります。

f:id:imadegawa075:20191215000728j:plain

 今年8月に新潟を旅行した際の帰路に利用してきました。浦佐~大宮間の旅行代金は9,000円ちょうどでした。券名は「乗車票(乗車・新幹線グリーン)」となっています。文字数の都合で(乗車・新幹線グリーン)とできなかったんですかね?一見するとグランクラスのきっぷとは分かりにくいですが、右下の使用済印の影に隠れて

 グランクラス

(飲料・軽食なし)

と小さく印字されています。上越新幹線のグランクラスにはアテンダントが乗務しておらず、飲み物や軽食のサービスがないため、(飲料・軽食なし)と印字されます。言わば純粋に広々とした本革製の座席の座り心地を試すだけの空間です。 

 この記事を書いている12月末時点で「ふらっとグランクラス」の商品自体は存在し、東北新幹線「なすの」と北陸新幹線「あさま」の設定があるものの、上越新幹線「とき」の設定はなくなっています。上越新幹線のE7系を北陸新幹線に回し、突発的に他編成で代走となることもありうるでしょうから、終売となったのかもしれません。