続・吾輩はヲタである

JR券をメインとしたきっぷのブログ。そろそろ15周年。

いなば(ただし3代目)

いなば

▼種別:特急

▼運転区間:岡山~鳥取智頭急行経由・1日3往復)

▼最終運転日:平成15年9月30日

 私の知る限り、「いなば」という愛称は三回は使い回しされています。

(初代) 昭和50年3月~昭和54年9月:東京~米子間

(2代目)平成8年3月~平成9年11月:鳥取~米子間

(3代目)平成9年11月~平成15年9月:岡山~鳥取

Inaba

 このうち初代は廃止になった寝台特急「出雲」に統合され、2代目は何だかわけのわからないままなくなってしまい、3代目は急行「砂丘を置換えて登場しました。

 置き換えたと言うと新型車両を投入したように思えますが、実際は左の写真の老兵キハ181系(しかも3両!)で、老々介護みたいな印象さえあります(爆)砂丘は同じく老兵のキハ58系が津山・因美線経由で結んでいましたが、「いなば」になってからは山陽・智頭急行因美線と経路が変更になりました。この結果、上郡駅で方向転換をするようになりました。岡山発着ということもあり、鳥取と広島・九州・四国方面をつなぐ役目も負っていました。

G0294

 新幹線と接続していたので、「ビジネス特急」という触れこみもあり、私が乗ったときもソコソコ混み合っていました(車両はおよそ「ビジネス」という雰囲気はないですが…)。途中駅の乗降はほとんどなく、上郡駅で降りたのも私だけでした。ほとんどの乗客が鳥取~岡山通しでの利用でした。

 そんな「いなば」でしたが、平成15年10月のダイヤ改正で新型のキハ187系を投入し、「スーパーいなば」に名称変更され発展的解消となりました。車両は2両に減車されましたが、現在は6往復に増発されています。ちなみにキハ181系を使った定期列車は特急「はまかぜに残るのみです。

 写真は鳥取駅で撮影したものです。