続・吾輩はヲタである

JR券をメインとしたきっぷのブログ。そろそろ15周年。

IGR⇔JR乗継割引

IGR⇔JR乗継割引

E0496 (A型硬券

 いわて銀河鉄道(IGR)・青山駅はJRから転換された後の平成18年3月に盛岡~厨川間に開業した駅です。委託駅で普通に自動券売機が設置されています。それ以外にも硬券乗車券や補充券の設備もあり、駅員がいる時間帯に頼めば売ってくれます。このきっぷは見ての通り盛岡接続の東北線仙北町駅までのJR連絡券です。平成14年に開業した鉄道会社なのに、時代に逆行するような硬券があったのが驚きでした。(もちろん機械も導入されていますが…)

 あと、一見わかりませんが、この連絡乗車券には乗継割引が適用されています。JR初期の硬券には「割引」と印刷された連絡券が見受けられましたが、このきっぷにはそういう考慮はありません。

IGR:青山→盛岡   200円

JR :盛岡→仙北町  140円    計:340円

 盛岡駅を境に二社分の運賃を合算し割高になるため、激変緩和措置的なものと思われます。盛岡接続の場合だとIGRの青山~滝沢間とJRの仙北町岩手飯岡・上盛岡・山岸・大釜・小岩井の各駅相互の場合に適用されます。両社運賃の合算から50円割り引いています。