続・吾輩はヲタである

JR券をメインとしたきっぷのブログ。そろそろ15周年。

新千歳空港の指定席券売機

新千歳空港指定席券売機

 今日から3回は指定席券売機のネタです。

 JR6社の中でJR北海道指定席券売機の普及がもっとも進んでおらず、札幌・旭川新千歳空港の3駅にしかありません。苫小牧とか函館とかそれなりに需要がありそうな駅はありますが、この3駅以外には広がっていません。記憶違いでなければ、導入はむしろJR四国よりは早かったんですが…。

Shichitose (新千歳空港駅改札)

 そのうち、新千歳空港駅には指定席券売機が3台あります。 この改札口の向かって左側にみどりの窓口指定席券売機1台があり、右側に指定席券売機が2台あります。そのほかに両側に近距離券売機があります。指定席券売機は熱転写タイプのMV30型です。

I0765 (NHMV1)

B0922 (NHMV2)

 右側の指定席券売機で購入したものです。駅名が長すぎて入りきらないため、それぞれ「新千歳NHMV1」「新千歳NHMV2」と略された発売箇所表記になっています。

Shinchitose_nhmv

 この券売機ちょっと面白いことになっています。左側が「NHMV1」で、こちらは快速「エアポート」の指定券と乗車券のみしか発券できません。しかも現金専用機です。現金専用の指定席券売機はここでしか見たことがありません。右側の「NHMV2」は「エアポート」に加え南千歳乗り換えの特急列車の特急券も購入やインターネット予約の受け取りもでき、クレジットカードにも対応しています。

I0363 (JLMV1)

 左側の指定席券売機で購入した「エアポート」の指定券です。この端末はNHMV2と同じ機械です。平成20年10月時点で既にありました。発売箇所は「新千歳JLMV1」というちょっと略された表記になっています。

 んで、NHやJLはそれぞれ何ぞ?と言うと、これは航空会社の略号です。NHが全日空でJLが日本航空です。改札右側は全日空の出発到着口から近く、左側は日本航空から近いためそのような表記になっているようです。空港駅独特の表記だと思います。

 なお、JR北海道の車内誌に3駅に設置されている指定席券売機を2月に新型に置き換えるという記事が出ていたそうです。新型機はおそらく感熱タイプのMV50型だと思いますが、発売箇所表記がどうなるか密かに注目しています。もしかしたらすでに置き換えられているかもしれませんが。