続・吾輩はヲタである

JR券をメインとしたきっぷのブログ。今年で15周年を迎えました。

鈍足はやて

はやて305号

Hayate305sign_2 (東京駅発車案内)

 今年GWの臨時で仙台発大宮行の「はやて」が運転されました。大宮行というのはどことなく東北新幹線開業当時を彷彿とさせます。今秋は行楽用の臨時列車として、週末や連休を中心に東京発仙台行と仙台発上野行の「はやて」が2本ずつ設定されました。そのうちの「はやて305号」に乗ってきました。

          東京   大宮    仙台   東京~仙台間所要時間

やまびこ45号  8:20 → 8:46 → 10:28   2時間08分

はやて7号    8:28 → 8:54 → 10:11   1時間43分

はやて305号  8:32 → 8:58 → 10:33   2時間01分

はやて9号    8:56 → 9:22 → 10:37   1時間41分

 こうやって見ると305号の所要時間は「やまびこ45号」と7分しか差がありません。大宮~仙台間で「やまびこ45号」は宇都宮・郡山・福島に停車しますが、305号はノンストップにも拘らずです。それどころか305号は4分前に出た7号には22分差つけられ、24分後に出た9号には4分差まで迫られています。

F0267_2

 この305号については停車駅こそ大宮~仙台間ノンストップですが、仙台着の上に所要時間は「やまびこ」並の鈍足で、「はやて」を名乗るにはどうも違和感があります。

 当初、「はやて」は八戸行の新幹線として「やまびこ」から分離しました。しかし、その後平成17年12月に盛岡止まりの列車が登場し、行き先別の区別から東北新幹線内の速達タイプという扱いに変貌しました。そんな経緯からしても、仙台止まりで鈍足な305号が「はやて」を名乗る理由はないような感じがします。無理に「はやて」としないでも、自由席付きの「やまびこ」でよかったのではないかという気がしてなりません。