続・吾輩はヲタである

JR券をメインとしたきっぷのブログ

えきねっと割引廃止へ

えきねっと割引廃止へ

 JR東日本は先週9月5日のプレスリリースで、「えきねっと割引」の来年1月末受け取り分での廃止を発表しました。「えきねっと割引」とはJR東日本管内の新幹線の指定席・グリーン席を「えきねっと」で予約し、それを指定席券売機で受け取ると区間によって最大700円の割引が適用されるものです。超繁忙期の適用除外はなく、通年適用されるのもいいところでした。

F00718

 このきっぷは「えきねっと割引」適用の新幹線特急券です。東京~長岡間は正規料金より300円割引になっています。この時は2人で使用したので600円引きになりました。

 「えきねっと割引」は指定席券売機の利用促進という側面があったと思います。設定から10年以上経ってその目的が概ね達成された(その陰には強引過ぎる窓口閉鎖もアシストしてそうですが)のと、来年3月に開業する北陸新幹線との絡みもあるように思われます。

 北陸新幹線JR東日本の新幹線としては初めて他社区間が入る路線になります。「えきねっと割引」は自社で完結するからこそ設定できたわけですが、他社が絡むと会社間の調整が必要になります。かと言って、東京~上越妙高間という自社管内に閉じてしまうと、上越妙高をまたいで利用する客との不公平感が生じます。

 個人的には「えきねっと割引」には相当お世話になってきました。手持ちで70枚ぐらいありました。JR東日本のトクトクきっぷで新幹線を利用できるものは回数券を除きほぼ整理されてなくなっているので、回数券を買うほど使わない利用者的にはけっこう痛いです。おそらく来年3月に向けて「えきねっと」も何らかのリニューアルをするでしょうから、新たな割引施策があることを期待したいです。

 ただし、プレスリリースの出し方には違和感を覚えました。「えきねっと割引」の廃止はえきねっとポイント」サービスにおけるポイント付与の変更と「えきねっとトクだ値」新規区間設定についてというタイトルのリリースの中に記載されていました。普通の読解力でこのタイトルを見ただけでは「えきねっと割引」がどうこうというのはわかりません。

Press

 そして、その資料(PDF)の一番下の「その他のお知らせ」という小さなスペースに「えきねっと割引」の廃止についての記載がありました。

 「えきねっと割引」の廃止は利用者にとって明らかに不利な情報です。「えきねっとポイント」や「トクだ値」の改定とはあまり関係ないので、別のリリースとして発表した方がいいぐらいです。不利な情報を目立たないよう小細工しこっそり発表するのは企業としての姿勢を疑います。普通の会社はこういうだまし討ちのような発表の仕方はしないと思いますが、中の上の方の人はどうお考えなんでしょうね。