続・吾輩はヲタである

JR券をメインとしたきっぷのブログ。今年で15周年を迎えました。

ホームライナー(鹿児島線)

ホームライナー鹿児島線

◆運転区間鹿児島中央→川内

◆運転本数:上り1本

◆使用車両:485系

◆運転終了日:平成23年3月11日

 先のダイヤ改正まで運転されていた鹿児島線唯一の定員制ホームライナーです。時刻表の列車名には「ホームライナー」とあるので、それがそのまま列車名のようです。鹿児島中央~川内間の片道一本だけ運転され、翌朝は折り返しで逆区間の「さわやかライナー」として運転されていました。

 記事を書くにあたってこの列車の歴史を調べてみたんですが、結構古いことがわかりました。平成元年9月の時刻表には既に記載がありました。熊本行きの最終の特急「有明と夜行急行「かいもんの間の時間帯に同区間で運転されていました。さらに平成14年の時刻表を見てみると、金土曜日は鹿児島線出水駅まで延長運転され、翌朝(土日曜)折り返しの「さわやかライナー」は出水始発で運転されていました。

HLkagoshima HLkagoshima_maku

 車両はJR九州鹿児島総合車両所の485系でした。専用のヘッドマークと方向幕が用意されていました。日豊線国分駅から特急「きりしま91号」鹿児島中央駅到着し、それがそのまま3分後に川内行の「ホームライナー」として発車しました。

【廃止直前のダイヤ】

鹿児島中央(20:40)

 →伊集院(20:55)/市来(21:06)/串木野(21:11)/川内(21:23)

 私が乗車したのは平日で1両に10人程度は乗っていましたが、川内駅まで乗り通した人はわずかでした。やっぱり鹿児島中央~川内間だと新幹線で12~3分なので、830円(=新幹線自由席特急料金)払ってでもそちらに流れてしまうのかもしれません。

W0159 (常備券)

 ライナー券はこういった感じの常備券のみで、券売機や窓口端末での発券はありませんでした。鹿児島中央駅については窓口ではなく改札口での発売でした。列車名の表記はありませんが、鹿児島中央駅を発車する「ホームライナー」はこの列車だけなので判別はつきます。また、車内でのライナー券のチェックはなく、着駅で確認されました。

 なお、ダイヤ改正以降は同区間特急「川内エクスプレス」号として運転されています。車両は大分車両センターに転属した787系となりました。787系は特急「つばめ」廃止以来久しぶりに鹿児島に帰ってきました。ただ、車両はグレードアップするものの、25Kmを超える場合は300円だったライナー券は600円の自由席特急券になるので、利用者にとってはちょっと抵抗があるかもしれません。

 写真は鹿児島中央駅で撮影したものです。