続・吾輩はヲタである

JR券をメインとしたきっぷのブログ。今年で15周年を迎えました。

通信販売課

信販売課

JR東海ツアーズのHPではパックツアーの申し込みができます。申し込みに対する回答は電話連絡で、その際に決済方法を指定し、決済が済めば後日クーポンが送られてくるという方式です。私は首都圏在住ですが、併用するきっぷの都合上、京都までの日帰りプランである「日帰り1day京都」を名古屋発で購入しました。首都圏の店舗だとおそらく名古屋発では購入できないと思われますが、HPだとこういったことも可能です。

X0170 (乗車券部分)

X0169 (特急券部分)

これがその往路の乗車票です。購入したパック名は「日帰り1day京都」ですが、きっぷには「ぷらっとフリープラン関西こだまK」と印字されています。このきっぷを受け取った際に一瞬間違えたかと思いました(いま見直してみたら小田原発「日帰り1Dayいいがネなごや」も違ってました…)。

それにしても「○JT信販売課」という発売箇所表記には驚きました。HP経由の申し込みを専門で処理する部署があるようです。ブツがどこから送られてきたのかは知る由もありませんが、こういう表記である以上、店舗で購入することはできないでしょう。

中部地区発着の「日帰り1day京都」は京都までの往復は「こだま」の自由席のみ利用可能です。日中の名古屋~新大阪間の「こだま」は1時間に1本で、区間内各駅停車の「ひかり」が「こだま」の役割を補完しています。なので、完全に「こだま」限定にしてしまうと本数が少なくて少々使いにくいです。名古屋~新大阪間各駅停車の「ひかり」も利用可能だとよかったんですが…。