続・吾輩はヲタである

JR券をメインとしたきっぷのブログ。そろそろ15周年。

日帰り限定

日帰りJR西日本フリーパス

 今年秋の飛び石の祝日限定で「日帰りJR西日本フリーパス」というきっぷが発売されています。既に9月23日分と11月3日分が終わり、残すは11月23日と12月23日です。それにしても、何となくどこかで聞いたことのあるような名前です。

 昨年発売された「西日本パス」は土日2日間JR西日本JR四国JR九州全線と智頭急行が利用できて18000円(JR九州が全域利用できない頃は12000円)でした。このきっぷはJR西日本全線+智頭急行が飛び石の祝日1日だけフリーで12000円です。

N0238 

Scan10048 (指定席交付記録券)

 2人以上条件で前日までの発売というのは「西日本パス」と同じです。指定席は4回利用できます。2人同時利用が原則ですが、自動改札に通れる85mm券でした。きっぷ以外にも1日2000円のレンタカー利用券(Sクラス限定)と管内のキオスクで利用できる500円のクーポンが付きました。

【ひとこと】

 中途半端な飛び石の祝日の利用喚起という点ではいいところに目を付けたように思います。しかし、どうも価格設定が釈然としません。新大阪~博多間を新幹線に乗ると片道だけで15000円近くするので決して高くはないんでしょうが、昨年12000円だった「西日本パス」を2回使った経験があるので、飛び石の祝日1日だけで12000円というのはどうしても高く感じてしまいます。それだけ「西日本パス」が破格の安さだったといえばそれまでなんですが…。

 個人的には同じ形態(2人以上縛り・指定4回)でもいいので、1日1万円程度で普通の土日にも発売して欲しいです。

使い勝手…★★★★★

お得感…★★★★☆

当日発売…なし(前日まで)

小児用…あり(2000円)

【顛末】

 私を無料ツアコンのごとく利用する大阪在住の友人Aと「福岡においしい鯖の店があるからいつか行こう」という話を以前からしていましたが、そのAに第一子が来年春ごろ誕生することとなり、私が企画するアホ旅行にもそうそう行けなくなりそうだという話になりました。そこで、本格的に身動きが取れなくなる前にこのきっぷを使って長年の企画を11月3日に実行することとしました。Aが妻に12000円という予算を話したところ、快諾が得られたそうです。

 ただ大阪から福岡へ往復するだけでは時間が余りすぎてしまうので「途中でどこか行きたいとこある?」と聞いたところ、Aは「SLに乗ってみたい」と言いました。そこで、大阪から新山口に出て、快速「SLやまぐち」で津和野へ寄り、夕方に福岡入りして鯖を食べて夜の新幹線で戻るという計画を立てました。

 そこで私が5489サービスに電話をし、このきっぷと諸々の指定券を手配しました。ところが、「SLやまぐち」は発売5日で既に満席になっていました。飛び石祝日のお座敷でない普通の「SLやまぐち」だったので、楽勝で取れると思っていました。その後は毎日「指定席券売機」との戦いでした。1日5回(出勤前自宅最寄駅→到着後勤務先最寄駅→昼食時勤務先最寄駅→帰宅前勤務先最寄駅→到着後自宅最寄駅)は空席を見ましたが、全然出ませんでした。1席ならたまに出るんですが、2席がどうしても出ませんでした。

I0492 

 ところが、ある日の昼休みに何となく5489サービスに電話をして空席がないか調べてもらったところ、「通路を挟んだ隣のボックスになるが2人空いている」とのことだったので、即座に押さえてもらってなんとかAのリクエストを叶えることができました。私自身、普通の「SLやまぐち」は7年ぶりでした。その間に指定券の列車名の表記が「やまぐち」→「SLやまぐち」に変わっています。

Slyamaguchi Slyamaguchi2

 車内は同じきっぷ(日帰りJR西日本フリーパス)を持った人で指定券の売れ行きどおりぎっしり混みあっていました。関西方面からの日帰り旅行としてはちょうどいいのかもしれません。また、5両中3両近くを団体に抜かれていたため、なかなか取れなかったんだということもわかりました。私は各地のヲタ列車でSLには比較的乗り慣れています(ちなみにこの半月前に走った普通でない「SLやまぐち」にも乗っています)が、一般人のAにとってはSLは珍しいものだったようで写真を撮りまくっていました。

Nakasu (中洲)

 津和野でレンタサイクルを借りて軽く観光して、帰りは「SLやまぐち」に乗らずに博多へ移動しました。そして、中洲で長年夢見た(?)鯖を食べてきました。その店の外見はめちゃくちゃあやしいですが、五島直送の鯖料理はどれも絶品でした。私は出張やプライベートで何回かその店行きましたが、Aは初めてでかなり満足したようでした。

Hakatasta (博多駅

 新しい博多駅はほぼ出来上がっていて、今は内装工事をやっているようでした。博多駅から最終の「のぞみ」で新大阪まで戻り、新大阪駅でAと別れました。私はその後大阪駅から寝台特急サンライズ出雲に乗って東京へ戻り、そのまま会社に出勤しました。その日は疲れでさすがに使い物になりませんでした…。あまり無茶な旅行はするもんじゃないです_| ̄|○