続・吾輩はヲタである

JR券をメインとしたきっぷのブログ。そろそろ15周年。

九州ネット早特7

九州ネット早特7

 「九州ネット早特7」は以前紹介した「九州ネット早特3」と同じ乗車券+特急券タイプの早期購入型の割引きっぷです。「早特7」は7日前までに購入することにより、「早特3」より高い割引が受けられます。設定区間は博多~熊本・鹿児島中央・長崎の3区間だけです。「みずほ」「さくら」「つばめ」のどの列車でも利用できますが、列車ごとに利用可能な席数に制限があります。

f:id:imadegawa075:20181220002003j:plain(A券)

f:id:imadegawa075:20181220002015j:plain(B券)

 昨年、私が利用した「早特7」のきっぷです。2,130円の乗車券部分は正規運賃と同じで、特急料金部分で調整し発売額としています。乗り遅れた際は乗車券の有効期間内であれば特急券を別途購入することにより利用できます。

 「早特3」はグリーン車用もあるのに対し、「早特7」は普通車用のみの設定です。「早特7」と「早特3」の最大の違いは、「早特3」は予約後の変更ができるのに対し「早特7」は予約後の変更が一切できず、変更したい場合は手数料を払って一旦払い戻す必要があります。単に安さに飛びつくだけではなく、デメリットも正しく理解したうえで予約することが肝要です。

 それにしてもいくら割引料金とはいえ、熊本~博多間の新幹線指定席の特急料金が440円というのは衝撃的ですらあります。