続・吾輩はヲタである

JR券をメインとしたきっぷのブログ。今年で15周年を迎えました。

あと1ヶ月

あと1ヶ月

0_shinshimonoseki山陽新幹線新下関

 最近、巷のニュースでも取り上げられていますが、11月30日の山陽新幹線0系の定期運行終了までちょうど1ヶ月となりました。昨日、0系定期運転最終日の指定券が発売され、即完売したそうです。

0_shinosaka山陽新幹線・新大阪)

 JR西日本の0系は現在3編成あって普通車のみの6両編成です。16両編成でグリーン車のみならず食堂車やビュッフェを連結していた全盛時を知る世代とすれば今の姿に多少寂しさを感じなくはないですが、開業当初と同型の車両が44年も生き永らえていたのが快挙だと思います。

 個人的に0系で一番印象に残っているのは子供の頃に東海道新幹線のビュッフェで富士山を眺めながら900円のカレーを食べた思い出です。ビュッフェ車両はつい最近まで連結していましたが、営業はとっくの昔に取り止めていて車内販売の物置き場になっていました。

F0310

 現在、いずれも「こだま」や博多南線での運用です。そのうち山陽新幹線区間を走破するものは下り2本(629・639号)、上り1本(674号)です。最近では0系に乗るためのパックツアーが組まれているようです。

 幸いにして今年は出張等で西の方へ行く機会が多く、何度か0系に乗る機会に恵まれました。私が9月の土曜日に639号に新大阪→新岩国間で乗ろうとした時には早い段階から指定席が満席になっていました。ただ、常時全区間が満席というわけではなく、岡山→福山間が最後まで空席が出ませんでした。最終的に区間を変えて取ることができましたが、普段自由席である5号車を指定席に変更して対応していました。

0_hakataminami_2博多南線博多南

 11月は乗りに行く余裕はなさそうですが、12月の「ひかり」での0系さよなら運転には行きたいと思っています。(まずは指定券を押さえることが先決ですけど…)0系引退後は16両編成500系の大部分を8両に短編成化して転用します。また、某新聞の記事によれば700系「ひかりレールスター」も九州新幹線博多開業後に「こだま」に転用されるようです。