続・吾輩はヲタである

JR券をメインとしたきっぷのブログ。そろそろ15周年。

龍馬キャンペーンきっぷ

龍馬キャンペーンきっぷ

 「龍馬キャンペーンきっぷ」は今年4月~来年1月10日までの期間限定でJR九州管内で発売されている観光きっぷです。九州内各地から長崎駅までの往復のJR券と坂本龍馬ゆかりの4施設が回れる「長崎龍馬パスポート」引換券に市電の1日乗車券がセットになって、往復5日間有効です。佐賀・長崎県内発着以外は往復に特急列車指定席が利用できます(ピーク期は除く)。大人・小児以外に高校生と中学生料金の設定があります。

P0154 (ゆき)

P0155 (かえり)

 「長崎龍馬パスポート」は長崎奉行所龍馬伝館・グラバー園・長崎まちなか龍馬館・亀山社中記念館の4箇所が回れるチケットで、1200円で発売されています。市電の1日乗車券は500円ですので、福岡市内発の差し引きのJR券部分は5000円になります。これは福岡市内~長崎間の「4枚きっぷ」(@2500円)の2回分の金額と一致します。

【ひとこと】

 仮に大人2人で福岡市内から往復する場合はこのきっぷを買っても、「4枚きっぷ」を買っても値段的には変わりません。「長崎龍馬パスポート」や市電の1日乗車券はJRで発券された引換券を持って長崎駅の観光案内所で交換する方式で、JRで発券されたものがそのまま使えるわけではありません。

 この場合、「4枚きっぷ」との違いは観光案内所で引換券を出すか、「長崎龍馬パスポート」等を別途現金で購入するかの違いしかありません。逆に「4枚きっぷ」では指定席券売機で指定券が発券できましたが、このきっぷでは対応していませんでした。

 熊本発では「2枚きっぷ」(「4枚きっぷ」の設定なし)より割安ですが、北九州市内発では「4枚きっぷ」より割高になってしまいます。区間によりけりなところはありますから、一概に安くないと断定してはいけないと思いますが、私が福岡市内発・大人用を使った感想としては、このきっぷを使うメリットは結果的にほとんどなかったと感じました。

使い勝手…★★☆☆☆

お得感…★★☆☆☆

当日発売…あり

小児用…あり(中学生・高校生用もあり)