続・吾輩はヲタである

JR券をメインとしたきっぷのブログ。そろそろ15周年。

バースディきっぷ小変化

 誕生月に破格の値段で四国内のJR線・JRバス・土佐くろしお鉄道を利用できるJR四国の「バースディきっぷ」ですが、平成29年4月乗車分より商品内容が改定されました。改定内容は以下のとおりです。

【メリット】

  • グリーン車用に加えて割安な普通車自由席用(9,500円)の設定を追加。
  • これまでなかった小児用の設定。(普通車自由席用のみ)
  • 阿佐海岸鉄道が新たにフリーエリアに。

 四国の特急列車でグリーン車が連結されているのは予讃線・土讃線ぐらいなので、その辺りを乗らない場合は普通車自由席用でも事が足りるのかもしれません。

【デメリット】

  • グリーン車用の値上げ(10,000円→13,000円)

  グリーン車用の値上げの理由としては、グリーン料金を徴収する観光列車でも利用できることを挙げています。確かに「バースデイきっぷ」で乗っている人をよく見かけます。 

 私個人的には誕生日の条件さえ満たせば誰でも購入できるこのきっぷは、もともと神がかり的に安いと思うので、3,000円の値上げでもとやかく言うつもりはありません。「神がかり」→「超安い」ぐらいに格下げはしますが。

 今年の私の誕生月に商品改定後初めて利用しました。今回は嫁を拉致したので、初めて「お連れ様用」も購入しました。

f:id:imadegawa075:20181114101414j:plain

f:id:imadegawa075:20181114101422j:plain

 きっぷはこんな感じで、様式は商品改定前とほぼ変わりません。「ご本人様用」と「お連れ様用」の違いは氏名と誕生月を記入する欄の有無と注意書きの内容と右上の特企券コードです。

 今回の旅行では以前から嫁が少しだけ興味を示していた快速「伊予灘ものがたり」と特急「四国まんなか千年ものがたり」の乗り比べをすることができました。

 両方乗り終わった後、嫁にどちらが良かったか聞いてみたところ、「四国まんなか千年ものがたり」の方が良かったそうです。その辺りについては別の機会にまとめてみたいと思います。

【ひとこと】

 長い間価格据え置きだった上に、最近のJR四国の経営状況を鑑みると、今回のグリーン車用の値上げは仕方がないと思っています。むしろグリーン席の利用回数や観光列車での利用に制限が付かなかっただけ御の字だと思います。

 ただ、普通車自由席用よりはせめて普通車指定席用にして欲しかったなという気はします。

使い勝手:★★★★★

お得感:グリーン車用★★★★★、自由席用★★★☆☆

当日発売:あり

小児用:自由席用のみあり