続・吾輩はヲタである

JR券をメインとしたきっぷのブログ

懐鉄入場券

 JR西日本では今年3月22日から来年末まで管内24駅のみどりの窓口でかつて走った懐かしの列車をデザインした「懐鉄入場券」を発売しています。1駅で2種類発売しているところもあるので、全部で32種類になります。

 発売駅は以下の通りです。

支社 発売駅 発売駅数・種類
金沢支社 富山(2)、金沢(2)、小松、福井、武生、敦賀 6駅・8種類
京都支社 大津、奈良 2駅・2種類
大阪支社 大阪(2) 1駅・2種類
神戸支社 三ノ宮 1駅・1種類
福知山支社 福知山(2)、東舞鶴、城崎温泉 3駅・4種類
和歌山支社 和歌山、白浜 2駅・2種類
岡山支社 岡山(2)、津山、新見 3駅・4種類
米子支社 鳥取、米子(2)、松江(2) 3駅・5種類
広島支社 広島(2)、新山口、下関 3駅・4種類
福岡支社 なし

 こうして見ると京阪神は手薄に見えます。また、JR他社との共同使用駅では発売していません。京都支社のお膝元の京都駅で発売していないのはそんな事情だと思います。

下関駅

新山口

 先日、新山口駅と下関駅を通りかかった際に買ってきました。下関駅が特急「いそかぜ」で新山口駅は特急「おき」のいずれもキハ181系のデザインです。裏面にはヘッドマークと列車の解説があります。個人的には「いそかぜ」は辛うじて乗ったことありますが「おき」はありません。

 横長の栞タイプや、キャンペーン応募券を切り取る形はJR北海道の「ご当地入場券」→「北の大地の入場券」のアイデアを丸パクリしたように見えます。しかし、日付押印欄がないため、後から見返してもいつ購入したか分かりません。発券時の手間を省くためにそうしたんだと思われますが、ここは個人的には不満な点です。

 JR西日本でもみどりの窓口の営業時間が変則的になっている駅があるので、注意が必要です。下関駅は7時~19時の営業ですが、途中11時~15時は閉鎖されているためその時間帯は買えません。また、白浜駅のみどりの窓口は8時~20時の営業ですが、「懐鉄入場券」の発売は10時~16時だったりします。事前によく調べておくことをお勧めします。

 発売から1ヶ月程度で両駅とも1000枚ほど売れていて、売れ行きは悪くないように見えます。枚数制限はなく発売期間は来年末まであるので、全部集めるにしてもそんなに急がないでも大丈夫かなと思っています。