続・吾輩はヲタである

JR券をメインとしたきっぷのブログ。そろそろ15周年。

西小倉駅改札内乗継

西小倉駅改札内乗継

 日豊線行橋駅まで乗った前回の記事の続きです。

Yukuhashi_sign行橋駅発車案内)

 駅の発車案内の行先表示はこんな感じになっていました。臨時停車をした西小倉駅で博多行にすぐ接続しているため「博多(西小倉)」という九州新幹線でも見られる独特の表記になっています。実態は紛れもなく西小倉止まりなんですが…。

 西小倉駅では各方面の「ソニック」が接続するようダイヤが組まれました。(接続が良くない時間帯もありましたが…)

ソニック               西小倉

 83号  博多発→   21:10着/21:13発   →小倉行

186号  大分発→   21:09止||          (西小倉止)

 86号  博多行←   21:14発/21:13着   ←小倉発

185号  大分行←   21:17発||          (西小倉始発)

 21:13という瞬間には西小倉駅に特急列車が3本停まっていたことになります。博多方面から中津・大分方面へは83号→185号に乗り継げます。逆は186号→86号になります。中津・大分方面から小倉駅へは186号→83号になり、逆は86号→185号になります。186号は西小倉駅到着後急いで車内整備をし、185号として折り返しました。このダイヤを見て「うまく組んだなぁ…」と感心しました。

Nishikokura_sonic

 でも、実際には乗換や誘導に手間取って2~3分ずつ遅れて発車していましたが…。上の写真は西小倉駅で発車を待つ「ソニック」です。

 西小倉駅で各方面相互に乗り継ぐ場合は特急料金が通算できました。そこで指定席で184号→84号に乗り継ぐ特急券をオーダーしたところ、思いもよらぬ答えが返ってきました。

係員:「西小倉で分割になって高くなりますけどよろしいですか?」

 おいおいちょっと待ってくれ…と。西小倉駅での新幹線乗継適用は時刻表に記載されていませんでしたが、特急料金の通算は時刻表にしっかり記載されていました。遠く離れた路線ならともかく、日豊線に関する特例なのでもうちょっとしっかりして欲しいものです。

 結局別の係員に確認し、通算OKということで発券してもらえました。しかし、1日限りの特例だったせいもあり、相当操作に苦労していました。私は席無し特急券+指のみ券2枚の合わせて3枚渡されると思っていましたが、渡されたきっぷは意外なものでした。

G0845 (184号指のみ券)

G0846 (84号指のみ券)

K0513 (自由席特急券

Z0031 (指定差額券??)

 九州では日常的に発券されるのかもしれませんが、「指定差額券」なるきっぷは初めて見ました。「2枚きっぷ」等と併用する「指定料金券」とは違います。注意書きに乗車券・特急券と一緒にご利用の場合…」とあるので、トクトクきっぷ併用前提ではなさそうです。九州ローカルの制度だったらPOSで発券されそうですが、マルス発券になっています。金額的には1100円で間違いはないので誤発券ではないですが、この発券方法しかなかったのかな??とちょっと考えてしまいます。まぁ趣味的には面白いものが入手できて良かったですが…。