続・吾輩はヲタである

JR券をメインとしたきっぷのブログ

二重の割引

二重の割引

G1121 

何の変哲もない料金補充券(料補)の特急券なんですが、京都駅発行です。マルス端末が設置されている駅ではヲタがいくら粘着したところで、正規の発売要件を満たしてなければ料補を書いてくれることはまずありません。京都駅でこの特急券がわざわざ料補で発券された意味を考えてみました。

しばらく自分で考えてみましたが、この特急券のどこが料補の発売要件を満たしたのかどうしてもわかりませんでした。しかし、とある掲示板を見て謎が解けました。

この特急券は新幹線との乗継割引とジパング割引が適用されているのがわかります。普通は割引の重複適用はできないんですが、

特急料金…乗継割引(半額)

グリーン料金ジパング割引(3割)

とそれぞれの料金に異なった割引を適用させています。「再掲」のところにその内訳料金(特急料金:470円、グリーン料金:860円)が記入されています。

そんなことができることを初めて知るとともに驚きました。この当時はこの条件ではマルス端末から発券できなかったようで、料補の登場となったようでした。何年前かのソフトウェアのバージョンアップでマルス端末からの発券ができるようになったらしいですが、あいにくその手持ちはないので裏付けは取れていません。