続・吾輩はヲタである

JR券をメインとしたきっぷのブログ

山岳夜行

ムーンライト信州

▼種別:快速

▼運転区間:新宿~信濃大町・白馬

I0023

 その昔(と言っても10年数前まで)、新宿~上諏訪間に全車自由席の夜行の普通列車が走っていました。車両はスカ色横須賀線総武線カラー)の115系だったと記憶しています。当時は急行「アルプス」がまだ健在でしたが、料金不要で乗れたこの列車は登山客に人気があったようで「山岳夜行」なんて俗称もありました。しかし、平成5年に急行「アルプス」に一本化され、廃止されてしまいました。

<441M・昭和60年12月>

新宿(23:55)

 →甲府(3:00着・3:58発)/小淵沢(5:01)/上諏訪(5:57)

<アルプス9号・昭和60年12月>

新宿(23:20)

 →甲府(2:02)/上諏訪(3:19)/松本(4:13)/南小谷(5:52)

小淵沢は通過。信濃森上南小谷間は普通列車

 上諏訪小淵沢あたりが便利な八ヶ岳霧が峰などに登るには「アルプス9号」だと着くのが早すぎたのかもしれません。

 ところが、その急行「アルプス」も平成14年11月で廃止されてしまい、週末を中心に運転する臨時快速「ムーンライト信州に置き換えられました。下り列車はほぼ毎週末運転されていますが、上り列車はなぜか一シーズン数日の運転です。下り列車は多いときは1日2本運転されることもあり、そのため「81号」という号数が付いています。

Mlshinshu

 車両こそグリーン車を連結した特急型の183・9系になり、全車指定席となりましたが、大きなリュックサックを背負った登山に行くらしき客は多数いて、「山岳夜行」の雰囲気はたっぷり残っています。(ただ、登山客は電車の中でビール飲んで夜中までうるさいので、個人的にあまりいい印象はないです)

 この列車は比較的指定席が取りやすいので私もしばしば使います。いちおうリクライニングシートですが車両によって座席の当たりハズレがあるので、こればっかりは運次第という感じです。何故か私はハズレに乗ることの方が多いです。写真は新宿駅で撮影したものです。幕張車両センター国鉄色の車両が充当されることが多いですが、たまに長野総合車両センターあさま色の車両が充当されることがあります。それにしても運転席を覗き込んでるヲタオヤジ怪しすぎです(爆)