続・吾輩はヲタである

JR券をメインとしたきっぷのブログ。そろそろ15周年。

特急券回数券(博多~小倉)

「博多~小倉」4枚特急券

 JR九州の博多~門司港下曽根間で25Kmを超える区間の自由席特急料金は特定料金が適用されて一律500円です。日豊線下曽根駅北九州市小倉南区にあるので、福岡市⇔北九州市の特急列車での移動は一律500円とわかりやすくしたんでしょう。

 この「『博多~小倉』4枚特急券」は自由席特急料金が500円の区間で乗車できる4枚綴りの回数券で、1800円で発売されています。1枚あたり450円で50円だけ安くなっています。有効期間が14日間と短いのは以前紹介した「大分~別府」と同じです。

 博多~門司港間の「4枚きっぷ」は1枚あたり1200円です。博多~折尾(北九州市の最も博多寄り)間の運賃だけで910円するので、福岡市⇔北九州市の移動であれば普通乗車券(910円)+この回数券(450円)で移動するより、「4枚きっぷ」を買った方が有効期限も長く(2ヶ月)安上がりです。やはりこのきっぷのターゲットは普通定期券を持つ通勤・通学客だと思います。

O0237 (E-POS券)

O0244マルス券)

 JR九州では自社管内完結のトクトクきっぷはE-POS機能で出すことが多いように見えます。たまにマルス券で出てくるのは係員の気分次第なのかなと思ってしまいます。見た感じ注意書きの文言を含め両者にほとんど差異はないですが、有効期限の表記が若干異なります。「4枚きっぷ」などのE-POS券は右上に「*枚目」と印字されますが、この券はありません。

 この区間表記だと小倉駅より手前(折尾・黒崎・戸畑など)では使えないように見えなくもないです。逆に「博多⇔門司港下曽根」と略してしまうとますますわかりにくいです。小倉まで使えることを強調したいのであれば「博多⇔赤間~小倉~門司港下曽根とするとどうかと思ったんですが、これでもちょっとわかりにくいですね…。いっそのこと地図式にしてしまうとか(爆)