続・吾輩はヲタである

JR券をメインとしたきっぷのブログ。そろそろ15周年。

Kaeruくんリターンズ9

Kaeruくんリターンズ9

Kaeru_ueda

 今回は常磐線植田駅です。いわき市在住の友人(非鉄)が車で植田駅まで送ってくれ、図らずも一般人の前でKaeruくんの操作実演をやることとなりました(爆)友人には予め「植田のきっぷ売り場に面白い機械が入ってるよ」とだけ言っておきました。

 今回はクレジットカードで購入した乗車券の払戻して、新たに乗車券と特急券を買い直しました。払い戻す乗車券は既に1回乗車変更をしていたので、払い戻すしかありませんでした。以前の反省を活かし、予め払い戻す乗車券を読み取り台に置いてから「開始」ボタンを押しました。

:「お待たせしました。いらっしゃいませ。」

:(横で様子を見ながら)「おおっ!声が出た(゚∀゚)」

:(スルーして)「まずは払い戻しお願いしたいんですけど」

:「読み取り台に置いてある乗車券ですか?」

:「そうです」

:「払い戻し手数料210円を引いた上でカードの口座にお戻しする形になりますがよろしいですか?」

:「構わないです」

:「それでは下の挿入口にきっぷを入れてください」

 私が切符を入れて係員が操作している間、友人スタッフのおねえさんに質問攻めしてました。

:「これって向こうからこっちは見えてるんですか?」

:「ここにカメラがあって、見えてますよ」

:「この人(オペレーターのこと?)はどこにいるんですか?」

:「盛岡にいます」

:「盛岡!?ずいぶん遠くだなぁ」

Csmodoshi2

 ほどなくして画面に払い戻し額が表示され、カードの利用控が出てきました。窓口で払い戻した場合は係員が左上の「取引内容:払い戻し」のところにペンで赤丸をつけてくれるんですが、Kaeruくんではやりようがありません。

:「カードと利用控が戻ったかご確認ください。」

:「んで、続きなんですけど、上野まで乗車券と自由席特急券をください」

 ここで間髪入れずに次の注文をしました。これで一旦用件終了になって、また接続し直すのは面倒だったので…。

:「植田からでよろしいですね?」

:「いいです」

A0372

K0357

 こちらはすぐに発券できました。この間友人はずっと感心しきりでした。

:「合理化なんだろうけどこりゃすごいな。ハイテクだな」

:「そうか??」

:「でも、なんでこの機械をわざわざ(植田駅に)入れたんだろうな?これだけ乗客いるのに駅員いないし…」(注:ちょうどこの時上り列車が到着。駅員は改札口にいなかったものの、奥にはいたもよう)

:「さぁ…」

:「草野とか久ノ浜の方がいいと思うけどな」

 近隣のみどりの窓口のない駅にKaeruくんを導入すればサービス向上になるのではないかと考えたようでした。ちなみに彼は草野駅ユーザーです。

【現地データ】

◆場所…常磐線植田駅

◆時刻…午後4時ごろ

◆オペレーター…オッサン

マルス端末…撤去済み