続・吾輩はヲタである

JR券をメインとしたきっぷのブログ。そろそろ15周年。

北越急行経由富山地鉄連絡

北越急行経由富山地鉄連絡

E1019

 今年3月に使用した東京都区内から富山地鉄立山駅までの連絡乗車券です。経由は以下のとおりとなっています。

東京-(東北・上越新幹線)-越後湯沢-(上越線)-六日町-(北越急行)-犀潟-(信越線)-直江津-(北陸線)-富山/電鉄富山-(富山地鉄)-立山

 JR→社線1(北越急行)→JR→社線2(富山地鉄)となっている三社四線連絡とも言うべき珍しい形態の連絡券です。同じ三社四線連絡の形態で「JR→北越急行→JR→のと鉄道」というパターンがあり、ちょうど10年前にのと鉄道能登線の乗り納めの際に使用していました。 

 3月14日の北陸新幹線開業に合わせ、北越急行を通過する連絡運輸は縮小され、北陸線JR西日本から分離されてしまったので、当然ながらこのような連絡乗車券は発売できなくなっています。なお、北陸新幹線経由で富山接続の富山地鉄立山駅までの連絡乗車券は発券できるようです。