続・吾輩はヲタである

JR券をメインとしたきっぷのブログ。今年で15周年を迎えました。

伊豆急のマルス券

伊豆急のマルス券

 伊豆急線には特急停車駅(伊豆高原・伊豆熱川・伊豆稲取・河津・伊豆急下田)のみマルス端末があります。自社用の端末では乗車券と特急「踊り子」の自由席特急券は発券しますが、指定席や新幹線特急券はマルス端末から発売しています。ただし、クレジットカード決済は不可で、「えきねっと」などのインターネット予約の受け取りにも対応していません。

 10年以上前の記事で伊豆急線・伊豆急下田駅のマルス端末で発券したきっぷを紹介していました。平成13年に発券したもので、おそらくMR11型端末だったっぽいきっぷです。平成13年時点だと印発機も併用していました。

f:id:imadegawa075:20191122225102j:plain

伊豆下田1F

f:id:imadegawa075:20191122225221j:plain

伊豆下田2F

 昨年、久々に伊豆急下田駅のマルス端末できっぷを購入しました。伊豆急下田駅は静岡県下田市の玄関口でもあり、南伊豆観光の拠点となる駅ですので、伊豆急線の中ではもっとも利用客が多い駅です。特急列車が発車する時間帯は窓口が混み合うため、ここだけマルス端末が2台設置されていて、このような発売箇所表記の違いになっています。

 端末は長らくMR32型が使用されてきましたが、昨年一斉にMR51型に置き換えたようでした。MR5X系の端末はまだJR東日本では導入していないため、首都圏では意外と目にする機会がありません。それにしてもなんで「伊豆下田1F」なんでしょうね?「伊豆下田F1」ならまだ分かるんですが。