続・吾輩はヲタである

JR券をメインとしたきっぷのブログ。そろそろ15周年。

伊豆急

伊豆クレイル

伊豆クレイル ◆種別:快速 ◆区間:小田原~伊豆急下田 快速「伊豆クレイル」は余剰となっていた651系の付属編成を改造したリゾート列車です。2016(平成28)年7月から土休日を中心に小田原~伊豆急下田間で運転開始しました。 伊豆クレイル1号:伊豆急線・河…

三連休東日本・函館パス

「三連休東日本・函館パス」は三連休の3日間JR東日本管内+αを自由に乗り降りできる特急料金を含まない乗車券タイプのフリーきっぷです。+αのJR東日本以外のフリーエリアは以下のとおりです。 【JR東日本以外のフリーエリア】 JR北海道:新青森~新…

スーパービュー踊り子グリーン個室

特急「スーパービュー踊り子」に使用されている251系はバブル華やかりし頃の平成2年4月に運転を開始し、まもなく30年になります。既に走っていた185系の「踊り子」と区別するために、全車指定席で自由席はなく、割高なA特急料金が適用されています。 スーパ…

静岡DC伊豆フリーきっぷ

今年4月から6月まで開催されている「静岡ディスティネーションキャンペーン」(以下「静岡DC」)に合わせて3日間有効の「静岡DC伊豆フリーきっぷ」が4,000円で発売されています。 発売条件は「EX予約」もしくは「スマートEX」で豊橋~博多間の駅から、熱海・…

伊豆急のマルス券

伊豆急のマルス券 伊豆急線には特急停車駅(伊豆高原・伊豆熱川・伊豆稲取・河津・伊豆急下田)のみマルス端末があります。自社用の端末では乗車券と特急「踊り子」の自由席特急券は発券しますが、指定席や新幹線特急券はマルス端末から発売しています。ただ…

伊豆初日の出

伊豆初日の出 ◆種別:快速 ◆区間:品川~伊豆急下田 首都圏では毎年元旦の早朝に初日の出列車が何本か運転されています。私もかつて特急「外房初日の出」号とか快速「熱海初日の出」号なんかに乗って遠方へ初日の出を見に行ったことがあります。 今年の正月…

週末パスリニューアル

週末パスリニューアル 今年3月の北陸新幹線開業を機に北東北を除くJR東日本全線がフリーになる「週末パス」も小さなリニューアルがありました。 まず、北陸新幹線・長野~上越妙高間がフリーエリアに加わりました。並行在来線として第三セクターに転換さ…

我孫子踊り子

踊り子161・162号 ◆種別:特急 ◆区間:我孫子~伊豆急下田 今年3月のダイヤ改正で上野東京ラインが開業し、常磐線と東海道線が直通運転できるようになりました。それに伴って、週末や連休を中心に上野東京ライン経由で常磐線・我孫子から伊豆急下田まで直通…

霊友会いんなぁとりっぷ乗車票

霊友会いんなぁとりっぷ乗車票 久しぶりの宗教団体の乗車票を取り上げます。「霊友会」とは法華経から分派した仏教系の新興宗教です。「いんなぁとりっぷ」というのは何のこっちゃ分かりませんが、ホームページには「いんなぁとりっぷの霊友会」と謳われてい…

横浜駅FC31

横浜駅FC31 一昨年10月より指定席券売機の新型機であるMV50型が投入され、今年にかけてJR四国を除くJR各社に広まっています。その後、JR東日本では早くも派生機のクレジットカード専用のMV50型が登場し、利用客が多い駅を中心に配置されています…

伊豆急途中下車印

伊豆急途中下車印 伊豆急線は途中下車制度があります。自社線内であれば24Km以上で、JR連絡券はJRとの通算営業キロが100Kmを超えた場合です。ただし、JR線の区間が東京近郊区間で完結する場合は100Kmを超えていても途中下車できません。…

M'EX

マリンエクスプレス踊り子 ◆種別:特急 ◆区間:東京~伊豆急下田 昨年12月から週末などの多客期を中心に東京~伊豆急下田間で特急「マリンエクスプレス踊り子」号が運転されています。 (東海道線・熱海) 車両はJR東日本鎌倉車両センターのE259系(6両)…

あまぎ’12

あまぎ号 ◆種別:特急 ◆区間:東京~伊豆急下田 今年3月にJR東日本大宮車両センターに所属する185系を157系っぽい色に塗り替えて「157系風185系」が登場しました。 (東海道線・戸塚駅付近:昭和51年) 157系とは上のような車両で、昭和…

南伊豆フリー乗車券

南伊豆フリー乗車券 首都圏から東伊豆・南伊豆方面のフリーきっぷは往復乗車券+特急券+フリーエリアがセットになった「踊り子南伊豆フリーきっぷ」が発売されていましたが、特急券が含まれなくなった往復乗車券+フリーエリア「南伊豆フリー乗車券」にリニュ…

川奈臨時停車

川奈臨時停車 JRから乗り入れる特急の伊豆急線内の停車駅は伊豆高原・伊豆熱川・伊豆稲取・河津・伊豆急下田と固定されています。平成21年までは蓮台寺駅にも停車していましたが、現在は全列車通過となっています。 伊豆急線・川奈駅 2012/4/21 今年4月21…

踊り子運転開始30周年記念特急券

踊り子運転開始30周年記念特急券 以前、特急「踊り子」の運転開始30周年を記念してJR東日本・伊豆急・伊豆箱根鉄道の三社で記念入場券を発売したことを記事にしましたが、今年に入って新たに記念特急券が発売されました。伊豆箱根鉄道線内では「踊り子…

踊り子30周年記念号

踊り子30周年記念号 ▼種別:特急(団体専用) ▼運転区間:東京~伊豆急下田 特急「踊り子」は昨年10月で昭和55年の運転開始から30年が経ちました。間に国鉄分割民営化という激変期を挟んでいるのに、運転開始とさほど変わりない185系が走り続けているのはあ…

踊り子30周年記念入場券

踊り子30周年記念入場券 昨年10月で特急「踊り子」が運転開始して30年が経ちました。それを記念してJR東日本・伊豆急・伊豆箱根鉄道の三社合同企画で三社それぞれの「踊り子」の停車駅の記念入場券が発売されました。入場券はいずれもB型硬券でした…

リゾート踊り子

リゾート踊り子 ◆種別:特急 ◆区間:伊豆高原→東京→伊豆急下田 (伊豆急線・河津) 特急「リゾート踊り子」は昭和63年夏より東京~伊豆急下田間の臨時特急として運転されています。運航開始当時から一貫して伊豆急のリゾート車両が使用されています。当初…

スリーデーパス

スリーデーパス 昨年3月末で特急料金込みタイプのフリーきっぷである「土・日きっぷ」の発売が終了し、特急料金を含まない乗車券のみタイプの「ウィークエンドパス」に置き換わりました。その時点では同じく特急料金込みタイプの「三連休パス」の動向は発表…

ウィークエンドパス小変化

ウィークエンドパス、 私鉄、山形鉄道、阿武隈急行、福島交通、ひたちなか海浜鉄道、鹿島臨海鉄道、富士急、伊豆急、北越急行、しなの鉄道、上田交通、松本電鉄、長野電鉄

ウィークエンドパス

ウィークエンドパス JR東日本は今年4月3日出発分を最後に「土・日きっぷ」の発売を終了し、新たに「ウィークエンドパス」(以下「WEパス」)を発売しました。かつて「ウィークエンドフリーきっぷ」という管内全線フリーになるきっぷを発売していただけ…

武蔵小杉徒然3

リゾート踊り子65号 ◆種別:特急 ◆運転区間:新宿→伊豆急下田 (セレモニーの様子??) 横須賀線・武蔵小杉駅開業記念列車として、新宿~伊豆急下田間の片道で特急「リゾート踊り子65号」が運転されました。この列車は「横須賀線武蔵小杉駅開業記念列車…

土日きっぷ徒然

土日きっぷ徒然 宮城・山形以南のJR東日本のエリアがほぼフリーになる「土・日きっぷ」は一昨年秋から「指定席券売機」での指定券交付ができるようになっています。便利な機能だなぁ…と感心すると同時に、JR東日本の首都圏の駅ではみどりの窓口を不便に…

週末日帰りパス

週末日帰りパス 首都圏近郊エリアの新幹線・特急列車の自由席が1日利用できるフリーきっぷです。時節柄JR西日本の「西日本パス」が比較対象となります。2人以上での同時利用が発売条件で、2人用と3人用がありますが1人当たり7000円の発売額は同じ…

あまぎ(伊東駅70周年)

あまぎ(伊東駅70周年) ◆種別:特急 ◆区間:東京~伊豆急下田 特急「あまぎ」は伊東駅開業70周年を記念して昨年12月13・14日に東京~伊豆急下田間を全車指定席で運転されました。伊東駅が開業したのは昭和13年12月15日のことです。また、「…

社線連絡の区間変更券

社線連絡の区間変更券 品川駅改札内にあるJR東日本の窓口で購入した区間変更券です。東海道新幹線経由の伊豆急線連絡になっています。連絡運輸範囲内であればこういった券も可能です。同じ品川駅のJR東海の「エクスプレス券売機」でも試してみましたが、…

三連休パス

三連休パス 新幹線自動改札の印字でぐちゃぐちゃになっていて、券面がさっぱり読めない惨状になっています…。 その名の通り三連休のみに発売され、券面にあるJR東日本全線とJR北海道・中小国~函館間に加え、いわて銀河鉄道・青い森鉄道・北越急行・伊豆…

伊豆初日の出

伊豆初日の出号 ◆種別:快速 ◆区間:品川~伊豆急下田 大晦日~元旦にかけては各地で初詣列車や初日の出列車が運転されます。それも全車指定席の特急列車であったり普通列車であったりとまちまちです。この快速「伊豆初日の出号」もそのうちの一つで、全車指…

伊豆東海岸フリーきっぷ

伊豆東海岸フリーきっぷ (ゆき) (かえり) 湘南エリアから伊豆へ向かうフリーきっぷです。伊豆急線(伊東~伊豆急下田間)と下田付近の東海バスがフリーエリアになります。石廊崎灯台や海中水族館へ行くバスもフリーエリアに入っていますので、土日のちょ…