続・吾輩はヲタである

JR券をメインとしたきっぷのブログ

新・北陸おでかけパス

新・北陸おでかけパス

 「北陸おでかけパス」北陸線・長浜~谷浜間を始めとして、土曜・休日に北陸地方のJR線の普通列車が利用できるフリーきっぷでした。3月14日の北陸新幹線金沢開業に伴い、金沢以東の北陸線JR西日本から経営分離され第三セクターに移管してしまったので、「北陸おでかけパス」も大幅なフリーエリア縮小か、発売終了になると予想していました。

N0438 (新)

 ところが、これがいい意味で予想を裏切られました。「北陸おでかけパス」は500円値上げされたものの、第三セクターに移管された金沢~谷浜間も引き続きフリーエリアに組み込まれ、3月14日以降も発売継続することが発表されました。しかも、これまで普通列車しか利用できませんでしたが、特急券を別途購入することによって特急列車も利用できるようになりました。

 以下のきっぷは移管された第三セクター会社が土休日に発売するフリーきっぷです。

  • IRいしかわ一日フリーきっぷ(金沢~倶利伽羅間)        500円
  • あいの風とやま鉄道1日フリーきっぷ(石動~越中宮崎間)  1500円
  • トキめきホリデーフリーパス(市振~妙高高原間)        1000円

 「あいの風~」のフリーきっぷは微妙に全線カバーしていなかったり、トキ鉄のフリーきっぷは2日間有効で旧JR東日本区間妙高はねうまライン)まで含んでいて効力は多少異なりますが、各社バラバラで買うより「北陸おでかけパス」の方が安上がりです。

 さらに、金沢から京都まで湖西線経由で往復する場合、運賃は往復8000円ちょうどになります。土休日の日帰り限定ですが、「北陸おでかけパス」+はみ出す近江塩津~京都間の運賃(往復:2640円)を加算すると5140円で済んでしまいます。今までは普通列車でしか使えなかったため、この併用は現実的ではありませんでしたが、特急列車にも解禁されたのでこういう使い方も考えられます。

【ひとこと】

 正直なところ、3月14日以降は発売終了濃厚だと思っていただけに、このリニューアルにはびっくりでした。500円の値上げでこれだけ使えるようになれば申し分ないと思います。3日前まで購入する必要があるのは相変わらずですが、電話予約(5489サービス)で3日前までに予約・カード決済すれば当日受け取ることも可能なので、電話予約未対応だったかつてほどの障壁はないと思います。

 今のところ発売期間は9月末までとなっており、これが期間限定の出血大サービスでなければいいんですが。

使い勝手…★★★★☆

お得感…★★★★★

当日発売…なし(3日前まで)

小児用…あり