続・吾輩はヲタである

JR券をメインとしたきっぷのブログ。そろそろ15周年。

博多~小倉間の区間変更券

博多~小倉間の区間変更券

 今年4月の消費税増税に伴って、JR線の値上げが実施されたのは周知のとおりです。それに伴って、小倉~博多間の乗車券を新幹線から在来線経由に変更した際に発券される区間変更券に新版が登場しました。

【小倉~博多間の運賃】

               3月31日まで 4月1日以降  

JR西日本(新幹線経由)   1,110円    1,140円

JR九州(鹿児島線経由)   1,250円    1,290円

差額              140円    150円

 両社の差額が140円から150円に広がっています。新版が登場したのはそのためです。

f:id:imadegawa075:20140828233045j:plain

 上の券は鹿児島線・折尾駅で発売された新版の区間変更券です。9年前の2月に発券された区間変更券と比べてみると、区間・経由・金額について補充(記入)式になっていたものが予め印刷されています。大人用であれば確かに補充である必要はない項目です。逆に小児用の区間変更券もあるのか少々気になります。

 また、差額が140円だった頃の折尾駅ではゴム印代用でした。ゴム印の金額は手書きだったので値上げ後もそのまま使い続けることができそうに感じますが、このように新版の区間変更券が用意されています。ゴム印だと乗客から収受した記録が何ら残らないので、このような形にしたのかなと思います。

f:id:imadegawa075:20200302212510j:plain

 この券は私の家族(誰とは言いませんが…)が乗車券を博多~小倉間だけ在来線経由にしなければならないところを、誤って全区間新幹線経由で購入してしまっていました。それに気づかず折尾駅で途中下車しようとした際に自動改札で弾かれ、区間変更券の登場に至ったというのが真相です。