続・吾輩はヲタである

JR券をメインとしたきっぷのブログ。今年で15周年を迎えました。

有明29号の特例

有明29号の特例

 新幹線→在来線の乗継割引は所定の乗継駅で新幹線に乗車した当日中に在来線へ乗り継ぐ場合に適用されます。しかし、1つだけ例外がありました。手持ちの時刻表(今年1月号)には以下の記載がありました。

博多駅まで新幹線に乗車し、〔有明29号〕(博多発0:08)に乗り継ぐ場合は〔有明29号〕が割引になります。

 新幹線から日付が変わってから博多駅を発車する有明29号」に乗り継ぐ場合は、翌日乗り継ぎになっても有明29号」の特急料金に対して乗継割引を適用するということです。新幹線は騒音や保守の関係で午前0時~6時の間は走ることができないので、イレギュラー時を除いては23:59までに終着駅に到着しています。

J0257 (2月24日:新幹線)

G1094 (2月25日:有明29号)

 JR西日本の「みどりの券売機」の経路検索機能で「2月24日 23:20発 小倉→鳥栖で指定して購入してみました。意図した経路がちゃんと表示された上、購入した有明29号」特急券にはちゃんと乗継割引が適用されていました。

 私は使いもしない特急券を買うのは性に合わないので、ちゃんと使ってきました。有明29号」鳥栖以南の最終列車も兼ねていたので、平日にもかかわらず自由席には結構な数の人が乗っていました。私と同じく鳥栖駅で降りた人もたくさんいたので驚きでした。

 九州新幹線開通に伴って、「有明」は大幅減便されましたが、0時台に発車する「有明」は有明7号」(0:15発)として残っています。しかし、博多駅での新幹線乗継割引が廃止となったため、この特例はなくなりました。