続・吾輩はヲタである

JR券をメインとしたきっぷのブログ。今年で15周年を迎えました。

西船橋駅乗継精算券

西船橋駅乗継精算券

 ずっと以前の記事で、西船橋駅のJR⇔東京メトロ東葉高速鉄道との連絡改札について取り上げました。そこで面白いものがゲットできました。

E0794

 普通の連絡券に見えますが、JR地紋で東京メトロ→JR連絡券です。しかも発駅は東京メトロ行徳駅で、着駅は金額ではなく「津田沼」という単駅で表記されています。このきっぷは東京メトロ側にある西船橋駅の精算機で購入しました。

 私は「妙典→160円」の乗車券で精算機に投入し、津田沼駅まで乗り越し精算をしました。ほとんどの場合では「西船橋→160円」のJR単独券が発券されます。ただし、券面に「割引」の印字があるように、妙典~西船橋津田沼間は乗継割引の対象であるため、敢えて連絡券で発券されるようです。ちなみに西船橋駅の乗継割引は以下の範囲に限られます。東葉高速鉄道との乗継割引はありません。

西船橋駅での乗継割引(左が東京メトロで右がJR)】

20円割引:行徳・妙典・原木中山船橋東船橋津田沼

10円割引:            ⇔下総中山・船橋法典

 でも、妙典駅から乗車したのに行徳駅発の乗車券になったのはかなり謎です。同一価格帯なので、フォーマットを使い回したのかもしれません。利用するにあたっての差し障りはありませんでしたが、「結構適当だなぁ…」と感じたものです。