続・吾輩はヲタである

JR券をメインとしたきっぷのブログ。そろそろ15周年。

近鉄養老線最終日1

近鉄養老線最終日1

 行こうかどうか迷いましたが、帰省を絡めて近鉄養老線の最終日に出かけてきました。まずは岐阜駅の窓口で近鉄養老線への連絡券を購入しました。

 JR東海では以前小田急線連絡券で小田急線の運賃の入力を間違えたため多く取りすぎてしまうという誤発売がありました。再発防止のため、連絡可能な範囲の連絡会社線の運賃がマルス端末に登録されているそうです。

 隣のJR某社であれば誤発売→即発売中止という利用客の不便を顧みない方向に走りそうな感がありますが、JR東海では誤発売をきっかけとして人間が間違わないよう機械に再発防止の仕掛けを施しました。会社として出札に対する考え方の違いが如実に現れているような感じがします。そんなわけでJR東海ではJR6社の中では最も容易に窓口で連絡券を購入することができます。

E0606

 それはともかく…。とりあえず養老の滝に行こうと思い養老駅まで購入しました。実は4年前に来たときとまったく同じ区間で購入していたことには家に帰ってから気づきました。運賃や経由表記に違いはありませんが、岐阜駅のマルス端末が感熱タイプ(MR32)になっていたのが違いと言えば違いです。インクの乾きが悪いため無効印が微妙に滲んでしまっています。

 ちなみに10月から養老鉄道に転換された後はJRとの連絡運輸は定期券に限定され、普通乗車券は購入できなくなりました。なのでマルス券で「養老」という印字はもう見ることができなくなったと思われます。