続・吾輩はヲタである

JR券をメインとしたきっぷのブログ。そろそろ15周年。

旭川駅改補

 改札補充券は駅の改札で発売する補充券です。使用する用途はJRの「旅客営業取扱基準規程」で定められています。最近では改札口に置いてない駅もあり、どこでも購入できるというわけではありません。

 3年前のことですが、旭川駅で購入できたという話を聞いて、さほど期待せず半信半疑で試してみました。無札で乗車し、トータルの乗車区間が100km以上で途中下車可能であれば発売してもらえるようです。近距離券しか発売していない駅からの乗り越しでも対応してくれるかもしれません。いずれにしろ、トータルの乗車区間が100km以内であればおそらく「着駅か乗り換えた車内で精算してください」と言われて終わりだと思います。

 私は宗谷本線・剣淵駅から整理券のみで乗車し、増毛までの乗車券が必要で旭川駅で途中下車したいと申し出ました。ちなみに留萌〜増毛間は翌日に廃線を控えていました。特段渋られることなく対応して貰えましたが、時間がかかる旨は伝えられました。改札口にマルス端末はないので、運賃はどこか(みどりの窓口?)に電話して聞いていました。

f:id:imadegawa075:20190206233621j:plain

 20分ぐらい待った末に購入できた改札補充券です。記事の「前途用」とは旭川駅まで乗車済みで、それ以遠を利用するという意味だと思います。 

 繰り返しますが購入したのは3年も前ですので、現状どうなっているかは各自でご確認ください。旭川駅の改札は改札業務の他にパーク&ライドの駐車券の処理も行っていて、特急列車の到着時間帯は忙しそうです。なので、その時間帯は避けるのと、ある程度の時間がかかることは織り込んでおく必要があります。

f:id:imadegawa075:20190520232954j:plain

留萌線4921D:阿分駅 2016/12/4

 この券は翌日、増毛駅の手前の阿分駅まで利用しました。増毛駅まで利用してしまうときっぷが回収されてしまう(最近のJR北海道は補充券は絶対回収です)ので、途中下車して手元に残しました。